年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



私の出身地、長崎での仕事に思う

久しぶりの長崎での仕事でした。
幸い、土曜の午後からでもあったため、夫の運転する車で出かけました。


某銀行での講演の仕事は、15時開始。
好天気のドライブ日より。
壮快な気分の道のりでもあり、仕事も心地よくスタートできました。

テーマは
『元気の出るコミュニケーションのしかた』
というような内容です。

30代の若者も、こんな時代のまっただ中のせいか、何かを得たらしく
緊張感の中にも、聴く姿勢は真剣そのものです。絵文字名を入力してください


今の世の中、切迫した状況はどこも皆同じです。
このような中で、何を感じ、どう受けとめ、いかに解釈し、
どのように動くかが課題でしょう。

いたずらに恐れや不安のみを抱くのではなく、
前向きに対応する気力が望まれる現代でもあります。


今回の若い彼らには、敏しょうなキャッチ力や思考力がありそうで、
90分の間に、皆にヤル気と元気を持っていただいたことは、
講師としては嬉しい限りです。泣く
(後日、担当者からのメールにて分かりました。)


いつの世も、時代も、凹があって凸がある。
凹になって負け犬で終わるか、そんな時代こそ
知恵底力が出せるか?でしょうね。


今回は、意外にフレッシュな20代後半から30代の
若者揃いで、目はキ~ラキラ
御当地、長崎(私の出身地)でもあり、私もことのほか、
力が込もっちゃいましたね~。


それに比べ、いつぞやの40才以上の管理職のおじ様方
(スミマセン私もおばさんですが・・・)の前に立つや、
ドヨ~ンとした空気・・・・・・・。どよーん

もう話しづらいったらありゃしませんよ!苦笑い
不安と責任と頭でっかちの方が、多すぎるのであります。
中には、たまにそうではない方もいらっしゃいますが。


日本のおじ様方には、もう少し笑顔とユーモアが欲しいですね~。ニコッ♪
あまりにも環境に毒されすぎて、抜け道を失くしている様子。
今の経済社会が産んだ結果でもありますが、
もう少し自分の解放を心から望むところでもあります。


とにもかくにも、今回は彼らの目の輝き に、私が「湧いた」90分でした。

彼らの健闘を心から祈りたいと思います。


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

調子がいい時に明るかったり、前向きだったりすることは誰でもできることだと思います。本当にその人の真価がわかるのはつらいとき、苦しい時にどれだけ前向きな気持ちで人生を向きあうかだと思います。きっとこの講演に参加された多くの方はそんな人が多かったのかもしれないですね。私もそんなふうにありたいと思います。
【2009/02/27 00:52】 URL | あかつき #-[ 編集]

前向きに生きていくための良きお手本者や、学べる機会を求めている人は多いと思います。こういう講演の場に参加出来て、気持ちが前向きになるということは素晴らしいですね!!
【2009/02/26 23:33】 URL | wakasagi #-[ 編集]

お天気の良い日にご主人の車でドライブしながらの講演なんて良いですねv-448
多分若い行員さん達はSEIKOさんの熱のこもった講演を聴き、心に火がついたのでしょうか?
SEIKOさんは彼等のv-353目を見て、また心にv-42のかなと思ったりしました。若い行員さん達の成長が楽しみですね。
【2009/02/25 23:21】 URL | GRACIAS∞ #-[ 編集]

こんばんは!
「元気の出るコミュニケーションのしかた」というテーマ、とても興味があります。
90分間の講演で、受講された方々が、ヤル気と元気が出るなんて!
ますます興味が…。
受講された方々が羨ましい限りです。

私は、契約社員なので、そのような社員教育などで学ぶ機会がありません。
ですからセミナーなどは、全て自費で参加。
もとを取るために受講中は、おのずと真剣に。
ですから講師の先生の熱意を感じると、とても感激してしまいます。
きっと、素晴らしい講演だったのでしょうね~。
【2009/02/25 22:19】 URL | モーリー #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/97-e5cdf0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)