年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ジミー大西の夢のかけら展

今日、時間の合間をぬって、あのジミー大西の作品の展示会に出かけました。
吉本興業のタレントからスタートした彼はいつの間にか、
一流の画伯になっていたのです。


会場に入るなり、
フアンタジックなカラフルな油絵が、目に飛び込んできます!
パープル・・・sai.paletteとそれはそれは絵画のオンパレード


「あっ、本人が来ている!」偶然です!びっくり
テレビカメラのライトを浴びながら、コメディアントークで語っています。
さすが、元、吉本興業の芸人です。
彼が言うには
「私は日本のピカソ豆電球です!」ですって~!うーん
確かに、それは彼の絵から感じます。
ピカソの生地スペインでは、油絵に挑戦をしたらしいのです。


彼は画家としてスタートしてのち、いろいろな国の子供たちとの
共同で、作品も産み出しています。
単に、自己満足の絵ではなく、見る者を確かに
楽しくさせ、
明るくさせ、希望を持たせてくれる作品なのです。芽


観ていて飽きないから、不思議なものです。
実物の彼からも面白く、豊かなものを感じます。
以前の軽い (ごめんなさいね、ジミーさん) イメージではなく、
面白い中にも、人としての温かさや、親近感や、わずかな(?)重みを受けましたネ。


人は好きなことにボットウし継続し続けることで、
こんなにも素晴らしくステキに変化するものですよね。
まさに「継続は力なり!」とは彼のことをいうのでしょう。


好きなことを、やりたいことを見つけられた人はワンダフルです!
しかし、それをただ、ただ、続けるには困難なこともあるでしょう。涙

彼は海外で孤独と向き合いながらも、信念を貫いたのです。
ジミー大西の夢実現に多くの人が励まされているに違いありません!


これからも、たくさんの人の目に心に、喜びや幸せ感を与える
作品作りをしてほしいものですね。



マンション ジミー大西展『夢のかけら展』は 絵の具パレット
福岡三越デパート9階にて    
2月9日(火)~2月15日(日)
入場料 大人600円

IMG_2704.jpg

IMG_2705.jpg

IMG_2706.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんばんは、SEIKOさん。
紹介して下さった絵を拝見すると、とても自由に、自分の描きたいように描いているなあ…と言う印象を受けました。
自分のやりたいことを継続しているのはとても素晴らしいですね!
描いているジミーさんの楽しさが伝わって来るような感じがしました!!
【2009/02/13 00:12】 URL | 水仙 #-[ 編集]

展示会の案内を新聞広告で見て、気になっておりました。
ジミーさんの活躍は、目にしていましたが、すっかり大人?になられて最初は意外性に驚いていました。なにが、きっかけで吉本を去り、絵画の世界に突入されたのか、知りたくなりました。
【2009/02/11 22:30】 URL | ぴろみ #-[ 編集]

こんばんはe-15SEIKOさん
お久しぶりです。もうジミー大西氏の展覧会に行かれたのですね。
彼は平成の山下清とも呼ばれているそうでe-149
絵の色使いというか色の組み合せは大胆で派手なのですが、奇抜ではなく上品とまで
言えませんが、絵で使われてた色の組み合せをファッションにも取り入れてみようかなんて
思ってしまいますねe-454
ご本人に会えるなんてLUCKYe-416でしたね。
私も是非会いたいです。

【2009/02/10 23:27】 URL | ピンクのレオタード☆≒ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/95-0e026727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)