年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



国宝・天神さま

今回展示物を観ながら、当時を偲ぶことが出来た菅原道真公について
ほんの少し述べてみたいと思います。

弓道 藤原時平の陰謀で、福岡の太宰府に左遷された道真公は、
さぞ無念の思いの日々を、この地で過ごしたのであろう… 泣き1 と思いながら、
展示物を観ているとちょっぴり心が痛みます桃の花( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用)

しかし、死後、千年以上経た今日(こんにち)、道真公は
天神さまと呼ばれ、日本中の人々に学問の神様として崇められています。

人はともすると
「 存命中であれば、このように尊ばれれば満足!          
                        でも、亡くなった後に尊ばれても… 
と思ってしまうものです。


しかし、です。
こんな不思議な伝説を聞きました。本

太宰府天満宮の中へ入る門の前に、
寝そべっている大きな牛うし pkkの像が在ります。
実は、道真公の遺体を京の都へ運ぶため、牛車へ亡骸を乗せると、
牛は突然ヘタリ座って急ぐしまいました。

これが、この伝説の牛なのです。

このことが、道真公は、もう
 「ここが気に入り、太宰府から出たくない!」 
 
 

と、言うように周囲に解釈され、それが今でも語り継がれているのです。


道真公は天に向い身の潔白を主張しながらも、
死の寸前には、ここでの使命感を強くしていたのかもしれません。

そこで私流に勝手に思うと・・・
道真公は今では奉れていることに安心感満足感もあるのでは- と。h
(道真公様 勝手な解釈ですみません。)
死後は、雷神雷…崇り神として恐れられ、学問の神様とまで言われるようになったのです。



しかし、学問の神様と言われる道真公も
「受験合格お願いします。」 
と、手を合わせ頼まれても、とてもとても困っているかも…。

「試験は自分の力で受かってね!」
な-んて言っておられるかもしれません(笑)

IMG_2384.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんにちは!SEIKOさん!
本当に偉大な人とは、存命中よりも、
亡くなられてからその偉大さが注目されているように思います。
歴史上に名前が残り、ずっと言い伝えられている人たちは素晴らしい人たちですね!
私も生きている間に何か残せたら本望です!
【2008/12/10 19:21】 URL | フルフル #-[ 編集]

こんばんは!

「試験は自分の力で受かってね!」(^u^)に同感です。

厳しい境遇の中で、人生を終えた道真公を「学問の神様」と尊敬するのは、
良しとしても、頼りにするのは何だかピンときません。
何だかおそれ多い…。

やるだけやりました!悔いはありませ~ん!という言葉こそ、
待っていらっしゃるように思います。

【2008/12/09 21:24】 URL | 青い生姜 #-[ 編集]

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。
【2008/12/09 13:00】 URL | スキャルパー #-[ 編集]

大宰府へ先月中に行けませんでしたので、龍馬さんとの記念撮影は叶いませんでしたi-183
週末の寒波にe-60負けそうですが、卵酒を飲んで乗り切って行こうと思います。
☆道真公は5歳で和歌を詠み10歳で漢詩を書くなど神童と呼ばれていたそうで、本当にお気の毒です。v-409
左遷されつつも、大宰府から国政がうまく行くよう祈願されてたと言うことですが、なかなか真似できない事だと思います。私も道真さんの様になれるかな?
【2008/12/08 01:30】 URL | ピンクのレオタード☆~ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/85-89422a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)