年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ガリヤ(初冬号)発行


今回のタイトルは
「適切な出会いには、心ワクワクと『波動を上げる!』こと」



『波動』という言葉が、
随分普遍的になってきたことは嬉しいものです。


20数年前、こんなことがありました。
某大手銀行の研修で『波動』について、わずか話をすると、
とても興味を持った数人の受講生が、
感想文にいろいろと書いていたようです。


それを読んだ研修の担当者は
「なんでこんな話を?」と、驚きと困惑気味で、
ある方を通じ講師の私への御忠告がありました。


担当者の方は、どうも波動についてご存じないようで
奇妙に感じたもようです。


私は、サラリと枝葉の話として入れたつもりでいたのですが。。。。。


それから、そのような話を辞めたか?というと、
いえいえ、貴重な例えとして話せるので、
話すことが可能な会社様での研修で話すことにしましたよ。(*^。^*)


過去、本当にそんな話があったのです。
特に、「モラルアップ」や「部下育成」の研修でも、当時
真新しい話(?)に目を丸くして聞かれる方も多かったのです。


しかし、現代においては「波動」「振動数」は
機械で測ることも殆どの方が知る時代となりました。(●^o^●)


その、万物から発している「波動」に応じて、
『相応のモノ』が寄ってきたり、こちらから近づいて行ったっり!



全ての物は 『共鳴し合っている』のですよ。(^O^)/


だからこそ、あなたの今、現在の心のありようは
とてもとても貴重なのです。


そんなことを、今回紙面で述べてみました。


IMG_2618.jpg


IMG_2619.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

せいこ先生は、20数年前から波動のお話をされていたのですか!
驚きました。

ガリヤ、読ませていただきました。
波動を高く保つ必要性を知り意識することで、普段の生活の中で自分自身を客観視できるようになり、見えない世界を実感する場面が多くなりました。
前コメントの方が書かれている通り、起こっている現象は全て自分自身の現れだと思うと、今までと受け止め方が変わって、何事も自分次第でいかようにも変化出来るのだと、今ではワクワクしています。

次回の記事も楽しみにしています。
日を追うごとに寒くなりますが、お身体ご自愛されて下さい。
【2015/11/20 05:34】 URL | かのん #-[ 編集]

20数年も前から、波動のお話って、昔から先駆けでいらっしゃったんですね。

波動が、機械で測れる一方で、自分の前に現れるモノや人が、自分の心のバロメータだと思うと、怖くもあり面白くもあります。
【2015/11/18 23:07】 URL | kanakana #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/644-f90dd3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)