年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



手食の会を開催


今回、当店『インド食堂 チチル&シシリ』では
初の試みで料理を直接手で食べる『手食の会』を行います。

題して
  『 手食で楽しむ、輪作りの会 』



『手食文化』とは、人が食事を摂る際に、
手を使用して食べ物を口に運ぶ食 文化のこと言います。

  
現代ではアフリカ、中近東、インド、東南アジア、
オセアニア、ネパールなどを中心に、
世界の約44%の人が主に手で直接ものを掴んで食事を行っているそうです。
  

当店のコックもネパールでは日頃、手で食べていたようで、
店での食事も時に、手食で食べていますよ。(*^。^*)


様子を見ていると、食べ物に直接手を触れているせいか、
スプーンで食べている時よりも、実においしそうに見えるのです。


私も一度だけ挑戦してみましたが、
指の間からカレーを混ぜたご飯が漏れて、
なかなかうまく口に運べません。(*^。^*)(笑)


でも、なんとなく口に食べ物を入れる際に、
指が直接触れる感覚は皮膚の温かみで、
子供の頃をなつかしく思い出すような。。。。


ハンドイーティングの際には、シェフのD君に是非、
登場して食べ方を披露してもらいたいと思っていますよ。(●^o^●)


皆さま方も、どうぞ一度チャレンジしてみませんか?

IMG_2448.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

手食、初めて聞いた時は馴染めず少し抵抗がありました。

ですが、手食文化の方を見ていると何だか違いを感じました。五感が鋭いというか、少なからず良い影響をもたらしている様な気がします!!

次回、開催の折には是非参加したいです♪
【2015/11/04 07:19】 URL | 華子 #-[ 編集]

とても面白い企画ですね!

自分が手食をしている所をイメージしてみました。
食べ物の温度や感触などを手や指で直接感じながら食事をするということが、今までに味わったことの無い、とても新鮮で、非日常的かつ素敵な感覚があるなと思いました。
手の「触覚」が加わることって凄いですね。

スケジュール調整が出来ましたら是非参加させていただきます!
【2015/11/01 10:39】 URL | 川猫 #-[ 編集]

手食文化文化が、結構多いことにビックリです。
箸やスプーンを使わない分、ある意味安全な様にも思います。
自然にかえって、楽しめそうですね。
【2015/11/01 10:26】 URL | 手巻き猫 #-[ 編集]

いつも楽しいイベントを考案されますね。

手にはエネルギ-があるから、手で食べると、より美味しく感じるという方もいらっしゃいます。

ハンバーガーや手巻き寿司のようにというわけには、いかなそうで逆に面白いでしょうね。

【2015/10/31 21:17】 URL | himarin #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/640-3be3026b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)