年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



『大空や雲』とのお話



今日は午前中の晴れ間に、
部屋から久々、青空や雲をジーット見ています。
このブログを書きながらも、手を休めては空を眺めています。


青空や真っ白なフワフワと綿菓子のように広がった雲を観るのが、
私は昔からとても好きで、
観ていたら心がとっても落ち着いてくるのですよ。


いろんな想いが生じてきます。(*^。^*)


自律神経の失調と診断されてもう五年が経ちます。


睡眠不足とハードワークが積み重なり、
バタンと倒れて五年目になるのですよ。(-_-;)


不眠に、食欲減退、歩けなくてヨチヨチ歩きの日々。


一時は、命がないかも。。。!と思われた時期も。。。


動きたくても動けない。
書きたくてもパソコンの前に座ると具合が悪くなる。。。。
それでも、何としても書きたいことが山ほどあって。。。。
仕事がしたい。。。じれったい毎日の連続。


カンレキ過ぎたら、もう体重は増えないと思い、
ブカブカ状態になった服類を捨ててしまったら。。。
数年後には体重も随分増えてきたり。。。
あ~、捨てねば良かった~。


笑うに笑えない数年の間の出来事ですよ。(・_・;)


それに、今では、一日30分歩くようになりましたよ。
食欲も旺盛に!
店でカレーを毎日食べています。(●^o^●)


数年前は大空や雲と対話するのが、とても辛い日もありましたが、
今では、おかげ様で殆どが『希望』の内容へと変わってきましたよ。


でも、ちょっと深く思うことがあれば、
やはりこうやって『大空や雲』に向かって、
静かにお話をさせて頂いています。


自分に『かすかな答え』が生じてきます。。。。


不思議なものですよね。
壁に向かっても、こんな気持ちにはなれませんもの。
これが、『青空との会話』 『天との会話』 というのですよね。


見上げる天が、目の前にあることに改めて今日は感動しています。
ホロり!と流れたのは感動か? 感謝の一滴(ひとしずく)なのでしょうか?


今日もありがたく、『大きな自然!』 とのお話を
精一杯させて頂きました。


感慨無量の至福のひとときです!


10005514_1448183415491495_226750651_n.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

生きているという事は、いろいろな問題と向き合っていく事なのだと実感します。
どうやって解決していくかは、人の意見を聴く事も大切ですが、大自然や自分自身に問うてみることも大切なのだと思いました。
私も、大自然と対話してみます。
【2015/10/29 17:36】 URL | 新月 #-[ 編集]

私もよく「青空、星空、海、緑」様々な自然の中に身を置いて、心身をリフレッシュするように努めています。
壁に当たって落ち込んだ時は、ついつい家から出たくなくなったりしがちですが、外にでて、一歩行動に出してみると、必要なヒントをいただけるようなきっかけがあったり。
自然との対話もですが、せいこ先生の何があっても大丈夫!を合言葉にしています。
【2015/10/29 12:43】 URL | きのこ #-[ 編集]

毎日色々な出来事が起こってくる中で、時として流されたり、落ち込んだりもしながら、立ち止まりはしますが、
嬉しく自分が上がっていくような考え方を心がけて、
過ごしていましたが、
せいこ先生のように空を見上げて青空と会話するとより気持ちがいいでしょうね。また違う発送が浮かんだり、もっと深い世界が広がるように思いました。
【2015/10/28 15:42】 URL | もみじ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/639-5bed39ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)