年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



東北大震災実態報告

先日 『震災後の福島の現状』
国の経済産業省 九州経済産業局の職員 井上  浩 さんに、
お話頂きました。


当初、40分くらいのお話のお約束が、
熱弁で二時間は経過してしまいました。


テレビやラジオ、新聞などで
いまだに報道されていない部分も数多く
皆さん、真剣に耳を傾けていらっしゃったようです。


井上さんには、長時間のお話を本当にお疲れ様でした。
そして誠に有り難うございました。


受け取り方はそれぞれでしょうが、
普段知り得ない情報の一端を知り得たことと思います。


さて、皆さんの中には、あのいまわしい東北大震災のことが、
新たに鮮明に浮かび上がって来た方もおられたようです。


しかし、あの出来事からその後、
これからの日本のこと、世界のこと、
その中で自分はどのように生きていったらよいのか?
を考えていく新たなきっかけにもなったことも事実だと思います。

現実を直視出来ることはある意味貴重かもしれませんね。


要は、私達は現象に目を向けることのみならず、
起きた出来事をどの様に捉え何を感じ考え、
いかに生きていくかがとても、とても重要だと感じます。




★今回の報告会を通じて、
・福島の震災及び復興支援にまつわる現状と情報整理
・放射能についての根本的な理解を深める

の2点について今後の継続課題となりそうですね。


正しい情報と放射能の安全性への理解が、
私達の次の行動を決めていくのだと思います。

福島避難指示区域


テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

離れていることもあり、震災の記憶が薄れつつある私の周囲ですが、まだまだ震災は続いているということを、認識せずにはいられないお話でした。

放射能に対しては、恐れるばかりではなく、正しい情報と、それを判断できる知識の必要性を感じました。

【2015/09/15 22:54】 URL | toku #-[ 編集]

放射能についても賛否両論で様々な意見が飛び交っていますが、正しい知識を持って、自分意志で柔軟に行動していく強さが今後の生き方には必要になってくると感じています。

楽しいばかりのイベントではなく、今回のような新たな知識を得るきっかけになる場を提供して下さるインド食堂さん、いつも刺激と美味しいお料理を有難うございます。
【2015/09/14 16:03】 URL | まさこ #-[ 編集]

今回起きた大雨の被害を見て、
多くの方があの震災が蘇ってきたのでは
ないかと思います。
いかに生きていくか、本当に考えさせられます。
インド食堂でいろいろな人のお話しを聞かせて頂いて
人生を生きるヒントにさせて頂きたいと思います。

【2015/09/13 12:32】 URL | 栗マロン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/627-60ba135f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)