年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ヒトにとって大切な会話


ヒトってね、
しっかりと時間取って話さないと
分かり得ないことがたくさんあるように思います。



毎日、顔合わせていても
それぞれの異なる世界もあり、
生活の流れも速く、変化が著しい昨今でもあります。


ヒトって勝手なもので、
自分の考えやその時の自らの感情を
優先して解釈してしまいがちな生き物のようにも思えます。


ですから、その時の相手のことばや態度を勝手に判断して
怒ったり、悔しがったり、悲しんだり、はたまた邪推してしまったり。。。。


だから、確認の意味においても
話をするって大切なことなんですよね。

フイードバックという表現もありますよね。


でも、その『話し』が出来なかったり、
どのように話したらよいのか?
分からない人も結構いるようです。



これって、携帯メルなどの弊害かな?
と思ったりもします。
簡単な短文では、相手の感情状態の機微が伝わりません。
手前勝手な推測で内容を処理してしまう怖さもあります。


メールはいろんな意味で利点もあることは確かです。
ですから、私も活用するし。。。。


でも、ヒトは微妙な目の動き、話しかた、声の大きさからの
感じ方には大きいものがあるのです。


どんなに面倒でも、
お相手といつまでも仲良くしたいのならお話を
たくさんしてほしいと思います。
それに、相手に通ずる話し方の研究も大事だと思います(*^。^*)


やはり、たくさんのヒトとしっかり会話をしている方は
やりとりのしかたが違います。


相手のこともしっかりキャッチでき、
こちらのこともバランスよく話せます。


会話って、
要するに互いを認め合うことなんでしょうね
。(*^。^*)

会話から逃げるヒトは、
所詮それまでのヒトのように思います。


ちなみに、私達夫婦は電光石火のごとき日々なので、
毎朝わずかでも必ずモーニングミーティングは欠かしません(^O^)/
忘れん坊な私は、必ずメモを片手に。。。。(笑)



さあ、今日はあなたは大切な方と
どのような会話をしますか?(●^o^●)




mid01.png

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

殆ど話したことの無い人が、常に無表情であった場合、何となく近寄りがたく気難しいのではないかと、勝手に思ってしまうこともありますが、話してみると全然違っていて、素敵な内面を持っていらっしゃることに驚かされることがあります。

話すことの重要性と、普段の何気ない時の人への表情(優しさや思い遣りがあるか)をあらためて再認識しました。
【2014/08/15 09:25】 URL | ピーマン #-[ 編集]

同じ話を聴いても、人によって捉え方が異なったり、上手く伝わらなかったり。

そのギャップをキャッチする力や、埋めていける会話力を早く身につけたいですが、これもやはり、場数というか日々の積み重ねですね。

無意識に逃げていたこともありますが、今ではせっかくのご縁がもったいなかったなと反省しています。


【2014/08/10 21:54】 URL | terie #-[ 編集]

本当に会話って大切ですよね。

つくづく思います。

毎日が慌ただしくて、
あっという間に過ぎてしまいますが、や
はり人と話しをする時間はきちんと取りたいものです。

仲良くなってしまってからの方が、
相手に対する思い込みとかが大きくて
話をしていても、
きちんと受け止めることが出来ていない瞬間が
あるなあと改めて思いました。

まず、自分からその態度を改めて、
せっかく出会った縁を
大切に繋いでいきたいと思います。

【2014/08/10 14:13】 URL | りんごちゃん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/525-726cf5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)