年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



アート(人生)は限りなく。。。




あなたは、下の写真は何に見えますか?


IMG_7587.jpg


実は、外側の皮をむき、
口の中で舌触りの悪い芽のようなツブを
くり抜いてしまった
パイナップルなんです。


この作業を瞬く間に目の前でやってくれたのは
当店のシェフD君です!


彼は、目の前のパイナップルを見ると
切れのいいナイフを片手に
コツコツと皮をむき終え、
真剣なまなざしで芽(?)を取り始めました。
作業を終えると、
くり抜いた芽の穴はまるでらせん状の道のように
きれいな模様が描かれています。


私は思わず 「オ~、ワンダフル!」
と叫んでしまいました。
パイナップルでアートが表現されました。


そして、人生もこんな感じかも。。。。
と一瞬!


果物の皮を剥いたりカットするにしても、
単に食べることを想うのみで剥く人と、
こんな風にしてカットすると、
楽しさが増すかも。。。。


などと考えながら作業すると自分も湧き、
周囲の目も楽しませてくれます。


確かに、彼はプロのコックなので 
そんなことが出来るのですが
どんなコックもそんなことが楽しめるわけではないと思います。


何気に自分がやっていることが、
周りもいい気分や楽しい空気にしてやれることが
出来たらどんなに素晴らしいことでしょう。


ずっと以前、私の知人が
「人生は芸術そのもの。。。!」
と言った言葉が思い出されます。


人生とは「単に生きる!」のではなく、
まさに自ら織り成し、創造していくものだ
という意味です。


果物の皮を「単に剥く」のと、
その「先を見据えて創造する」の、
違いなのかもしれませんね。


昨日の、パイナップルアートを観て
「人生」を重ね合わせた一瞬でした(笑)



pine.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

アートなパイナップルを作ったシェフといい、
それを、人生と結びつけてしまうSEIKO先生といい、
どちらも私の中にはないイメージ力でした。
だから、人って面白いし、刺激し合えますよね。


【2014/04/25 20:37】 URL | terie #-[ 編集]

パイナップルアート、実物で見たかったです。
写真で拝見しても素晴らしいです。
食べるのがもったいないですね。
何事においても、先をイメージする力って大切だと実感しました。
【2014/04/21 18:13】 URL | あんみつ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/501-1884d482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)