年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



父の旅立ち

長いこと、ブログを書くことができませんでした。 


実は、長いこと病床に伏していた父が
今月14日に永遠の道へと旅立ったのです。


父は高齢で耳が遠く、
あまり話をすることもままならない中での別れでした。


もう二度と逢えないとなると淋しく、込み上げてくるものがありますが、
父はきっと次なる人生へのスタートの準備の段階へと入っていることでしょう。
そんな気がします。

この世に産み出してくれた
父母に改めて心からの感謝の想いが生じてきます。   


それにしても遠方に離れていて、
普段はあまり会えない家族や知人であっても、
いざ永遠の別れとなると胸が締めつけられるような辛さもあるものです。


ですが、誰しも出会いがあれば別れがあるもの。
その流れの中で縁ある出会いの一瞬一瞬を大切にして
生きていくものなのでしょうね。


そんなことを想いながらの久々のブログ書きでした。



chichinohi_bears.png

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この度は大変でしたね。
どんなに離れていても居てくれるだけで心強いですよね…
涙が止まりません。

お父様の御冥福をお祈り致します。
【2012/12/30 18:42】 URL | moko moko #-[ 編集]

寂しくなりましたね。

たとえ離れていても、失って気付く、その方の偉大さ。
何も言わなくても、生き方や姿を通して、教えてくれることが多々あります。

微力ながらも、少しでも人に影響を与えられる生き方を自分がしているだろうかと、考えさせられるブログでした。
ありがとうございます。
【2012/12/30 09:28】 URL | nao #-[ 編集]

この度は誠にご愁傷さまでございます。

遠くに離れていても、身内が
存在していてくれるだけで安心感がありますし、
そんな大切な方との別れはお辛いと思います。

私も一瞬一瞬を大切にして生きたいと改めて思いました。
心からお悔やみ申しあげます。
【2012/12/23 11:06】 URL | 林ライス #-[ 編集]

私は祖父母とは一緒に住んでませんでしたが、
冗談の好きな祖母が亡くなった時は、思いではあまりなかったものの
涙が止まりませんでした。
その時の事を思い出しました。

改めて、健在の両親にも感謝のおもいが・・・。

先生もお力をおとされませんように、
お父様のご冥福をお祈りさせて頂きます。
【2012/12/21 18:20】 URL | バディー #-[ 編集]

私の父も随分前に亡くなりましたが、その時の事を思い出しました。
亡くなった時に今までいろんな事がありながらも、必死で育ててきてくれたことを思い出し、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
別れは辛いですが、縁あっって出会ったご縁を悔いのないように大切にしていきたいと思います。

せい子先生のお父様のご冥福をお祈り致します。
【2012/12/21 18:17】 URL | きらきら星 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/414-55db68f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)