年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



無償時の話す力

話をする力って誰もが持っています
上手く表現できるかどうかは二の次だと思います。


それに、その内容に自信があったり確信があると、いっそう力がこもります。
もう一つ加えると、相手を想う心がある場合に力が伝わってきます。


ある女性は
電話の向こうの年老いた方の話を真剣に耳を傾け、うなずき励ましていました。
愛ある女性の声が響いてきます。

ある女性は
悩みのある女性の話を聴きながらも共感してあげるると共に
奮起を促す言葉を。。。



二人に共通するものは話す時に垣間見える『無償の想い』です
それは例え穏やかな話し方であっても、伝わる力を実感します。


仕事時に、力強く話せるのは極(ごく)当たり前のことでしょう。
報酬が伴わず、利害のない人間関係の中でしっかり話すことが出来て初めて
その人のヒトとしての力が分かることがあるものです。


それは殆どのヒトが最も面倒で、
苦手でやる必要性など考えないことかもしれません。


でも、実は『現代のヒトたち』というのは、
意外にそんなこと(想い、感じてくれるヒト)を
待ち望んでいるような気がしてなりません。


そんな『無償の話す力』を持ったヒトが増えると、  
孤独死や犯罪やウツ病の方も減るのかもしれませんよね。
それは、『ヤル気のある社会』『平和な世の中』へと繋がることにもなるでしょう


むろん、話しをする前提には『真剣に耳を傾ける聴く力』
要することは言うまでもないことです。  


さて、あなたの周囲にそのような方はいらっしゃいますか?(*^。^*)

preview.jpg

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

『傾聴』←この言葉を初めて知ったのは5年ほど前です。
50代後半の素敵な女性ですが、「今までは人の話を聞いて、積極的にアドバイスしてきたけど、これからは、相手の気持ちに寄り添うことに努めたい。」と言われていました。

私からすると充分お話を聞いていただける大先輩ですが、今もなお、そのような目標を掲げて、人と向き合われている姿に感服しました。

私の場合、よくやってしまうのは、充分に相手の話を聞かずに、自分のモノサシで、人にアドバイスをしてしまうことです。
それは、とっても自己満足の世界で、相手からしてみれば、自分の話を理解してもらっていないなあという消化不良状態のようです。

逆の立場を経験して、身に沁みました。
私の当面の課題は、相手の気持ちになって、最後まで話しを聴いてあげることです。
【2012/06/28 23:25】 URL | chiao! #-[ 編集]

とても心に響いた内容でした。
人はどうしても相手からよく想われたいという気持ちが先走り、
本当にその人にとって必要な言葉を伝えられない事があります。
それって、自分の弱さですよね。
相手に対して『無償の愛、無償の想い』を言葉に乗せて伝えられるように日々鍛錬したいと想います。
【2012/06/25 18:26】 URL | ムクの木 #-[ 編集]

無償の愛や誰にでも変わらない態度で接する事が出来る方々は、自分自身の考え方をしっかりとお持ちです。でも、どうしてそんなことが出来るのか?と思っていましたが、、『ヤル気のある社会』『平和な世の中』のように、先のことや世の中のことを見据えていらっしゃるから出来ることだったんですね。よく分かりました。
【2012/06/25 09:33】 URL | こけっこー #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/379-0ae3f714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)