年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



『素直』が人を成長させる

若かりし頃はヒトから言われることが、
素直に聴けていたけれど 
年令を増すごとに「カサ」がかかって
『素直』さから遠のき始めるのがヒトの世の常のような気がします。


 「そんなことわかっていますよ!」
 「そんなことあるはずがない !」
 「そんなのって無理だわ!」
 「そんなことってあるはずないでしょ」
 「私の方がプロなんだから!」
 「私の方が年上なんだから。。」
 「そうはいっても。。。」



などなど、
ヒトの言うことがなかなか入っていかない。
そうなると、ヒトっていうのはそこで成長はストップ状態! 
どのような相手の話だって一応は耳を傾ける姿勢、反応は必要です。



一旦受け入れて、
それから取捨選択しても充分間に合うのですから。。。
昨年カンレキを迎えた私もそのことは気を付けようと、
とても思っていますよ。(*^。^*)


だって、死ぬ寸前まで成長したいし、
私では感じ得ないものを私以外のヒトが感じているのですから。
何よりも、話してくれる相手の存在があることに
ありがたい気持ちが生じます。


さて、昨今のあなたはいかがですか?

thumb_ed55c918395a0fe5240be84c8d7e94d9.jpg

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

私の場合、相手によって、自分が素直になれる人と、素直なれない人がいます。

それを相手のせいにしてしまえば、それまでですが、この違いはなんだろう?と探ってみました。

それはプライドであったり、その人との関係だったり、原因は自分の変なとらわれです。
一旦、白紙に戻して、素直になれるとこれから後半の人生が随分と変わってくる気がします。
少しずつ、その方向にシフトしていきたいですね。

と同様に、相手が素直になれる自分でいたいとも感じました。

【2012/06/22 09:15】 URL | mijyu #-[ 編集]

誰も素直じゃないねなんて指摘をしてくれませんので、自分でよく自分を観察しているつもりですが。。。

問題が起こってしまい引きずっていたり、成功してよいことが続いていたりする時も、話が素直に聞きづらい様に思います。

朝、きちんとリセットして、鏡の自分に向かって気合をいれ出かけられると、素直になれている様に思いますので、いくつになっても忘れないように続けていきたいと思います。
【2012/06/21 16:16】 URL | 林ライス #-[ 編集]

私の会社にはシニアの男性が働いています。

一人の方に『間違っていますよ』と伝えると、『もうボケがきとるばい』といいながら笑ってすぐ直されます。
もう一人の方に同じ事を言っても、間違っている事には触れず違う事を話して話をすりかえられてしまいます。

又、社員旅行に奥様を同伴されましたが、前者の奥さんの方は楽しくてコミュニケーションも上手な方でした。

私も長く働きたいと思ってますので、歳を重ねても素直に人の忠告を聞けて、笑いも引き出せる人になりたいと思いました。
【2012/06/21 13:34】 URL | ソヨゴン #-[ 編集]

今回のブログ「素直が人を成長させる」内容ですが、まさに今現在職場で体験している事なんです。私の職場は60代の方がほとんどですが、私が何か話しても「私達が知らない事を若いあなたが知ってるわけがない」とこんな感じで聞き流されてしまいます。更に前の職場では50代の方でした「私は学があるから」と自ら言ってる人もいました。とても残念?!?ですね。今はいろんな情報を得る手段は沢山あるでしょうけど自らを狭く持っていては何も得られないですね。と私はその人達を見て学びました(*゚▽゚)ノ

それにしてもせいこ先生のブログは、私の占い師のように私が思っている事をブログに書かれていてまさに5月20日の内容といい、私にとってはとても良いヒントが書かれてあり
いつも深くうなずく事ばかりで、心強いです。有り難うございます。 o(^-^)oワクワク
【2012/06/20 22:02】 URL | moko moko #-[ 編集]

年下だろうが、きらいな人だろうが『はい、先生』
とにこっと笑えて受け止めれる、強い人になりた
いと思いました。

厳しい忠告だと、受け止めるだけでもアップ・ア
ップする時がありますよね。

強い自分になれた時に褒めてくれる友人、高め
あえる友人がいたらいいですね。

先生もつねに成長されようとされているお姿、素敵です。
【2012/06/20 16:30】 URL | はなみずき #-[ 編集]

素直な人は、仕事面や人との交流の広がりでも良い状況になっているような気がします。

頑固な自分にならないよう、常に他者の意見を受け入れる気持ちを持って、人と接していきたいと思います。

最近の出来事ですが、自分に非が無いと思われる状況で、相手から指摘された時、「今までの自分のやり方に新たな視点を与えてくれているのではないか?」と思えたら、言ってくれたことに対する感謝の気持ちが出て来たのを体験しました。
【2012/06/20 09:10】 URL | 天然水 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/377-b4db15c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)