年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ヒトはヒト、自分は自分!

瞬間つけたあるテレビの
「結婚についてのインタビュー」のヒトコマです。

マイクを向けられた男性は何気にひとこと 
「いや~、周りの結婚している人たちを観ていると、
  あまり幸せそうに見えないし!今はさほど結婚したいとは思わないですね。」
「自由は奪われるし、お金は思うように使えないし。。。。」

何とも悲哀を感ずる感想、ご意見です

其の他にも
今のご時世、リストラ、失業で結婚に自信が無い。。。
など、結婚から逃げたり、あえて顔をそむけたりしている方が多いようです


でも世の中には
「出会えてよかったカップル」もたくさんいるのは事実です


そんなお相手と出会いたいのなら、
周りのマイナスイメージになるようなものばかりを
心の影響として生きるのではなく、
「私は、こう生きたい!」が、何よりも先決だと思いますよ(*^。^*)

そうすると、
周りにどのようなカップルがいようと目に入らなくなります。


あなたの奥底に住む望みや思いに忠実になり、
人との出会いを楽しんで頂きたいと思いますよ。



結婚は、
周りがどのようにあろう(離婚や不仲カップルが多かろうと)と、
そのヒト自身のできごとですからね。


周囲に惑わされる間は、いい出会いは難しいかも。。。
まずは、本来の自分を信じるところからですよね(*^。^*)


DSCF3130.jpg

テーマ:結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活


この記事に対するコメント

確かに、私の周りにも結婚していて
幸せそうだなあ!とか、私も結婚したい!と
思える夫婦はいませんでした。

それが普通なのだと思ってしまっていました。

そして、結婚するのは当たり前のことという
認識で、特に深く考えていなかったように思います。

結婚というのが、どれだけ自分の人生にとって
大きなことか!という事を考えられるようになったのは、
SEIKO先生の本を読んでからです。

自分の浅はかさが恥ずかしくなりました。

まずは、自分自身の人生をしっかり生きようと
思います。
【2012/05/14 22:41】 URL | あっぷる #-[ 編集]

先日、私の友達が48歳でめでたく結婚されました。
お相手の方も、48歳の方です。
お互いに、”出会えてよかった”と幸せいっぱいオーラでした。
私も自分を信じて、出会いを楽しみたいと思います。
【2012/05/14 17:23】 URL | アジサイ #-[ 編集]

知人のブログでは、鬼嫁日記なるものがあります。初めは微笑ましく読んでいたんですが、最近は鬼嫁が悪妻っと言ったような表現になって面白おかしく書かれていて、ちょっとゲンナリしていたところで、先生のブログを拝見しました。

私は「出合ってよかったカップル」でありたい。そのように考え始めると、もしかしたら、知人のブログは、そのことを考えるためのきっかけをくれていたのかも知れないとも思うようになり、まだまだ色んな影響を受けているんだなぁと思いました。 
【2012/05/09 11:23】 URL | 林ライス #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/365-6881ada0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)