年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



こんな時こそ「豊かな友作り」

暗いできごとの多い世の中!


そんな暗さに呑み込まれてしまっては大変! (@_@;)
自分までがブラックボックスの中へ~~~。


こんな時こそ、嘆いたり恐れるだけではなく、
その状況を静観し、何を感じ、今後をどのように生きるか?
を真剣に考える時だと思います。 


今、置かれた立場や環境がどんなに辛く、
不穏な空気が流れているとしても、
あなたの中に、
「ヨシ!負けないぞ!前へ進むぞ!」という想いがあれば
そのベクトルはそちらへ向かうはずです。


ただ、人間ってそんなに強い時ばかりではないので、
あなたを時には叱咤し温かく抱擁して下さる友が一人いるといいですよね。


あるテレビの情報ですが、
老いた方が亡くなる直前の後悔の気持ちとして
「もっと友人と親しくしていればよかった。」
「もっと、彼女(彼)を大切にしていればよかった。」

と言う言葉を話すそうです。


人との交流を大切にしていれば、
何があっても寄り添え励まし合えもっと豊かな人生を送れたはず。。。。
との想いのようです。


ヒトは一人より、
気の合う仲間がいると心強く助け合えるのです。
だから、ヒトには「所属の欲求」があるのでしょう。


手を取り合って「何があってもへっちゃらよね!」 (^O^)/
という友人作りは更なる勇気すら芽生えます。


あなたも、今からでも遅くありません。
こんな世の中だから、
語り合える「友作り」はいかがですか?


その前提は
「おんぶに抱っこ」状態では相手にとって重荷です。
自ら、ただ、ただ、与える思いが貴重な気がします


すると、不思議に自分の心が周囲が活気づき豊かになってきます。 
あなたも試してみませんか?


2692943.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

亡くなる直前の後悔をしない様に、友人に感謝し語らいを増やして行きたいと思いました!!
聞き上手でいて、そして意見もしっかり言い励ましあいながら。
【2012/02/22 20:28】 URL | cherry #-[ 編集]

何かあった時に語り合える仲間がいるという事は、
何にも変えがたい宝であるということを新ためて感じました。
近くにいると、なかなか感謝の気持を伝えられませんが、
感謝の気持を忘れないで接していきたいと思います。
そして、これからも多くの仲間を増やしていきたいですね。
【2012/02/20 19:24】 URL | はるかぜ #-[ 編集]

ある会合で知り合ったアラカン世代の女性の方は将来、今の仕事を卒業したら
友人と南九州の島で一緒に暮らそうと今から計画を立てているそうです。
互いの距離を保ちつつ信頼し合っている関係だからこそできる事かなと思いました。
今の職場は閉鎖的なのでそういう人に出会える様
世界を少しずつ広げて行きたいと思います。
【2012/02/19 16:58】 URL | つくし #-[ 編集]

去年、震災を経験してから絆という言葉を何度も目にし言葉にもしました。人一人では、どうしようもないことってあるんだと思い知らされました。でも、仲間がいてくれると思うだけで力がわくし、元気になるのは、仲間を思い大切にしたいからなのかと。相手を思うと自分も元気になるなんて、面白い発見です。
【2012/02/18 20:44】 URL | 紅おとめ #-[ 編集]

先日、洋服を購入する際に、店員さんの表情のあまりの悪さにがっかりしました。以前のブログにありました、表情や言動に、相手を思う気持ちが現れると、本当にその通りだと思います。

友人を作る時も、相手のことを思って接すること、一番大切だと思いますし、なんだか実践できているかは分かりませんが、心にあったかい余裕のようなものを留めておくと、親しくなりやすいように思います。そんな経験をしました。
【2012/02/18 09:44】 URL | ペコ☆ #-[ 編集]

学生時代の友人も、気のおけない大事な存在ですが、社会人になってからの友人は、『親しき仲にも礼儀あり』の距離を保ちつつ、いろんな悩みを打ち明けられる貴重な存在です。

仕事のこと、両親のこと、パートナーから、社会情勢etc・・・。意見が合っても、合わなくても、語り出すと、時間なんて、あっという間。

おばあちゃんになっても、そうしていたいなあ。
そして、その頃には、その輪を、もっと大きくしたいですね。
【2012/02/17 18:05】 URL | CHIAO! #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/353-750b7459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)