年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



中国も婚活ブーム

夕方のテレビニュースです  。


中国の上海で 一万人お見合い が行われたとのこと(+_+)
さすが、大陸型お見合いです!


中国も 男子より女子が多く 、   
椅子に腰かけて男子の前に次々と女子が変わっていく様子は、
まるで就職活動を見ているようです。(+_+)


経済が発展し豊かになり過ぎ、
男子に高い条件を求めすぎて婚期を逃す人が多くなってきたらしい。


女子は家、車、お金など全部を求め、
男子はそのプレッシャーで押しつぶされそう~~~!(+_+) 


女性の高学歴化や社会への進出で
中国の若者の結婚観も随分変わってきたようです。 


何だか、観てほしいものが見えなくなったり、
感じるはずのものを感じ得なかったりしているようで恐さを覚えます!


国が発展しすぎることで、得るものと失うもの。。。。
さて、あなたはこんな事実をどの様に考えますか?




chn11111217510003-n1.jpg




テーマ:◆恋愛と結婚◆ - ジャンル:恋愛


この記事に対するコメント

これまでの中国のイメージはニュースで映像で自転車i-224に乗った多くの人が
思い思いに通勤している姿だったり、夫婦共稼ぎで子供を懸命に地道に育てるイメージでしたが、
時代ともに女性の結婚に対する考え方も随分様子が変わっている様ですね。
結婚する上で相手の収入や財産を見るのは分りますが、
相手の職業や人となりなど大切な所をきちんと見て判断して欲しいなと思います。
【2011/11/19 00:54】 URL | たらちゃん #-[ 編集]

社会現象は、アメリカの10年後が、同じ様に日本に、日本の20年後が中国に現れると、よく耳にします。

日本でも、結婚条件に『3高』を求めた時代もありましたが、そんなものどうなるかわからない事は、身をもって体験しないとわからないものでしょうか?
本当は、夫婦が子供達に姿で示して然るべきのような気がします。
私は、まだ独身ですが、同年代夫婦に、エールを送る意味でも、そうあってほしいと思います。
【2011/11/18 22:24】 URL | nanomi #-[ 編集]

1万人とはすごいですね。
東京ドームの中で合コンするような感じかしら。
多すぎて決めかねるように思います。
昔からの日本のお見合いの様に、1対1で会い、コミュニケーションとる事の大切さを私は実感しました。
やはり私は物質的な豊かさよりも心の豊かさを大切にしたいです。

【2011/11/18 18:24】 URL | キノコ #-[ 編集]

さすが中国。人口の違いですか、一万人のお見合いがあったんですね。
そんなに集まってということは、会場も結婚への期待の熱気と駆け引きムードむんむんだったでしょう。でも、条件が前面に出ているようなお見合いだったら。。。そんな空気に飲み込まれないで、相手とめぐり会えたなら、じっくりと知り合っていく余裕が欲しいと私は思います。
【2011/11/17 01:39】 URL | 豆ぞう #-[ 編集]

私もこのニュースを見ました。相手の男性の人間性よりもまず、最低条件として、相手の物質的豊かさを自分が得たいという気持ちが、ストレートに男性に伝わっている様子が感じられました。男性の方々も、相手の求める物のハードルの高さに少し困惑している様子が見えました。
仮に結婚したとしても、その後に男性の持っている物質的豊かさが、もし失われたらどうするのかな?とちょっと心配になりました。
【2011/11/16 15:30】 URL | おでん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/331-6b058a94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)