年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



人間関係にも必要な「断捨離」

今では殆どの人が一度や二度は耳にしている言葉でしょう。
    
   断捨離 (だんしゃり)


ひと月ほど前、
本屋でたまたま目にした文庫本を読んでみました。
フムフム。。。なかなか奥が深い内容です


単なる片づけや整理術ではありません。


「断」 →いらないものが入ってくるのを断つ!

「捨」 →家に溜まったガラクタを捨てる
 
「離」 →モノに対する執着から離れ、ゆとりある「自在」の空間にいる


以上の三つが、断捨離でやることです。
「喜んで手放す!」と、いいことが続出!とか。


モノが豊かになり過ぎた今、
私たちにとても示唆してくれる導き書かもしれません。
ですが、ここで、注意すべきことが一つ!
あなたにとって要らないものでも夫婦や家族にとっては、
それはかけがえのないものかもしれませんね。
あくまでも、持ち主の心は尊重してあげ、
合意の上で捨てることを。。。。。



「モノ」を大切にして、捨てない教育を受けてきた私達の時代の人間には、
洗脳を取るのに苦慮する部分も。。。。


しかし、私達夫婦もそれぞれ室内の見直しを。。。
やはり、捨てると空気感が違いますよね。


★人間関係も同じです。。。
 いつまでも心に残る失恋のお相手は「断捨離」しないと、
 次なる出会いがありません(笑)(*^。^*)


 断捨離」は、
 パートナーと出会いたい方、交際を進展させたい方にも
 
ヒントになる内容かもしれませんよ。 


断捨離」発想者の
やましたひでこさん
もとは主婦業のみでした。
やっているヨガの世界での気付きのようですね
とても才知ある女性にお見受けします。


素敵な方は、素敵なことを考え付くものです(*^。^*)


41xMTWv74ML__SS400_.jpg



テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ


この記事に対するコメント

私の友人は、必要なモノ以外は、極力持たない、という考えで暮らしています。
かといって、必要最小限のモノしかない質素な生活…という訳ではありません。
自分が気に入ったモノだけを厳選して、部屋に置き、快適な生活を送っています。
素敵な暮らし方だと思います。

私もモノを購入する時は、本当に必要なのか?気にいったモノなのか?
よく考えて購入したいと刺激を受けました。

モノとの出会いから別れまで…、ホントに人との出会いに似ていますね。
【2011/06/07 00:02】 URL | 青い生姜 #-[ 編集]

恥ずかしながら、「断捨離」の言葉はこちらで初めて知りました。
物を大切にする事と執着する事はまた違うのですね。今までお世話になった物や人に感謝して、喜んで捨てる、(離れる?)ゆとりある自在の空間を作る。

もうすぐお世話になった大切な方とお別れをしなければいけないのですが、その方の幸せを願い、喜んで送り出したいと心から感じました。「断捨離」是非読んでみたいと思います。ありがとうございました。
【2011/06/06 14:15】 URL | おまめ #w21fMeWo[ 編集]

先日、テレビで著者を拝見しました。

とても素敵な方でした。
是非読みたいと思います。

テレビの内容になりますが、物を捨てる事が夫婦のコミュケーション不足であった事がわかったと、いう場面は興味深かったです。
【2011/06/05 00:09】 URL | はなみずき #-[ 編集]

「人、モノ、お金」は執着しないで手放す勇気を持つことが、
次なるステップにつながると感じます。
しかも”喜んで手放す”ことが大切ですね。
私は、今部下を育てるために仕事も喜んで手放す勇気を持ちたいと思ってます。
「断捨離」、早速読んでみます。
ありがとうございます。

【2011/06/04 13:55】 URL | ヒバリ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/291-74a86432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)