年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



じっくり話せる友作り!

私くらいの年齢になると、
なかなか本音を吐露できる人間関係を作るのは
確かに難しいものです。


でも、求めていれば会えるもの! 


最近、ある会社を経営するオーナー(男性と女性)
二人とじっくり話をすることができました。


彼らの苦労話しや、これまでの出会いや努力の数々
それは、いまでも現在進行形です


ヒトと話すと、
気付かなかった自分を見つけたり、そんな自分に驚いたり。。。。(+o+)
自分一人の狭い世界では、
決して気付けないことが発見できるのです。



それに、ヒトとの交流はエネルギーの交換になり、
双方にいい刺激をもたらします。


本来、ヒトにはもっと伸びたい!
という成長意欲があるはずなのです
それは自らの仕事への探求心と、自分の中に潜むものの発掘!
「ヒトの持つ能力は無限!」です。


それらは、自分のみでは、
なかなか気づきにくいことがあるもの
自分の中にある答えは、
ヒトとの会話の中に不思議にヒョイ!と、出てくることがあります


それには、 「話の出来るヒト、聴く力を持つヒト」
を選ぶ目を養うことも必要かも。。。。  
単なる雑談のみでは貴重な時間も、ただ経過することに。。。。


しかし、雑談は雑談で必要な時もあります。
会話の仕方もTPOで使い分け出来たら
「言うことなし!」ですよね(*^。^*)


 日常は、亭主を捕まえて話すワタシです(*^。^*)



bul0104.jpg

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

『この人になら、こんなことも話せる!』話題を選ばない存在を、私は、親友ならぬ『信友』だと思ってます。
これからの、人生後半、信友がいるか否かでは、随分変わってくる気がします。

私も、相手にとって、そんな存在でありたいと思います。
もちろん、パートナーとの関係も、し・か・リです。
『求めていれば、会える!』ありがとうございます。
【2011/06/04 15:47】 URL | COCO #-[ 編集]

「日常は、亭主を捕まえて話すワタシです(*^。^*)」って最後の先生の一言が、とても素敵です。
【2011/06/03 19:50】 URL | 林ライス #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/290-9bac9b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)