年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



幸せは自分の中に

皆さん、数日前の
『彼のオーラ』への
たくさんのコメントを有難うございます

皆さんの貴重なご意見一つづつにご返事したいのですが、
なんせ本来は、ずぶのアナログ人間!
メールや、ブログを書くのもやっとのこと~~~
日々、半分はフーフー言いながら。(心の中はワクワクで書いてますが)
手と気持ちが反比例していて、ちょっとじれったいことも。。。((+_+))
たまには、夫や友人にヘルプ! を出しながら~~~。



こんな私が、ブログを続けて三年目。。。
それは、温かい皆さんのお声があるからだと感謝をしています


そんな事情で、ご返事はお書きできませんが、お許し下さい
本当に、本当にごめんなさい。



 ところで、
過日の、『彼のオーラ』への
皆さんのコメントがとても好意的だったことが、大変嬉しく、
そして安心しました。



他人さまの幸福こそ、
心から祝ってあげたいものですよね。

人を羨むことは、自らに何も得られるものがありません。


『人のことを喜んであげる』ことができて、
初めて 『人から喜ばれる人』 になることが出来ると思います。


私は、随分過去の人生で、
「なんて私はこんなに不幸なんだろう!?。。。。。」と
みじめに思う自分を、人と比べたりして
まるで、悲劇のヒロインのようになった時時もありました。


でも、 違うんですよね。
実は、不幸も自分の思い方しだい。
主観の問題なのです~~。
今の、自分の状態をどのように捉えることができるか!?


なんですね。


青い鳥を求めてさまよう
チルチル・ミチル(メーテルリンク)ちゃんのようには、
くれぐれもならないようにしましょう。


幸せはちゃんと自分の中に潜んでいるのであります(*^。^*)


そんなことに、しっかり気付いている方は、
 『お相手』とも出会いやすくなっていると思います(^o^)/


tc3_search_naver_jp.jpg




テーマ:◆恋愛と結婚◆ - ジャンル:恋愛


この記事に対するコメント

2月に先生の講演会に参加させていただいてから、今年は本当に沢山の考える出来事がありました。講演会で、お話しされていたように、毎日の仕事と自宅の往復に慣れていました。あまり笑顔も意識していませんでした。 今は気をつけています。
これからは、もっと勉強して人のことを喜んであげられる人になりたいと思います。

【2010/12/15 19:19】 URL | ペコ☆ #-[ 編集]

『自分に起こる事に、良い悪いはない、全て必要なこと!』というスタンスで生きていけたら、どんなに楽でしょう。

良いこと=幸、悪いこと=不幸とは人間が勝手に判断してること。
一見、対極的に捉えてしまいがちな事でも、神様からすると、どちらも未来に向かっての同一線上にあるのでしょうね。

目の前の事象に、一喜一憂してしまう私は、まだまだです。



【2010/12/14 14:55】 URL | NIKO #-[ 編集]

猫の写真に癒されました(笑)v-162

友人・隣人・世界の子供達が、そんな笑顔で毎日過ごせたらな~と思いました。
【2010/12/13 23:30】 URL | はなみずき #-[ 編集]

ヒトの幸せを心から喜べる、というのは、
私にとっての理想の人間像です。

ヒトとしてカッコイイと思うのです。
人間として美しいとも思います。

理想に少しでも近づけるよう
心楽しく努力しようと心がけています。
【2010/12/12 12:16】 URL | RIE #-[ 編集]

 実は僕も先生と同じで「どうして自分は人生がこんなにうまくいかないんだろう、一生懸命しているのにどうしてだろう」とすごく悩んでいた時期がありました。
 でもこのごろちょっと変わってきているのを感じます。いいことも悪いことも、結局それを決めているのは自分なんだと。自分がいいと思うこと、悪いと思うこと全てに対して。「ありがとうございます」と感謝しています。
 悪いことがあるからいいことを喜べる。いいことしかなかったら、きっと人は成長しないでしょう。
【2010/12/12 01:44】 URL | サボテン #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/244-a8a49727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)