年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



常にプラスの言葉を!

毎月研修をしている、ある企業の女性のことです。

接客業として、
全員同じような研修を毎回行いますが
Aさんだけ、ある内容についてなかなかうまく出来ません。

とても笑顔のいい女性なのに、
体もある病気で弱っています。


むむ!?それが、先日、
なぜ彼女のいろんなことが、
いい方向に進まないのかが発見できました。


それは、 『言葉のクセ』 にあるようなのです。


いつぞやのブログにも書きましたが、
自分自身の人生全般が思うようにいかないのは、
言葉の使い方にも大きな原因がありそうだということ。


言った言葉があなた(人生そのもの)を造る!
といってもいいかもしれません


Aさんは、
苦手な内容になると
 「私、出来ないんです。ダメなんです。」の、連発!

 「いつ、やっても間違うんです!」

 「じゃ~!こちらの方がやれるのは何故ですか?」と、私。

 「これは、毎日やってるからです。」とAさん。

 「では、これも毎日やる必要性が出てくると、やれるってことでしょ?」と私。

 「あ~、そうですよね。だけど、う~ん。」

理屈で分かっているのに、
なかなか素直になれないAさんです。


これが、もし
「わかりました。何回もやってみます
    滅多にやらないから出来ないんですよね。」とか、
「今は難しいけれど、何とかやってみます!
などという力強い言葉が出てくると、
彼女には活気が出てきたり、
病気も消えていくように私は感じます。


人生には笑顔だけでなく、
 『素直さ』 や 『前向きの言葉』 が、
とても重要だということですよね。(*^。^*)


こう


テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

私もつい『できない』『ムリ』など無意識に(思って)言ってましたが、
ある時に元格闘家の須藤元気さんの話を聞きました。
彼が四国八十八番札所を23日かけて巡礼する間に
トータルで21万回「ありがとう」と唱え続けることで巡礼が無事に終えられたそうです。

この話を聞き、巡礼の間に様々なトラブルをこの言葉で乗り越えられたのだろうなと思いました。
ハードな時こそ「ありがとう」と唱えて乗り越えられれば良いかと思います。
【2010/11/04 23:14】 URL | ♡香里奈♡ #-[ 編集]

周りにいる人を見ると、不思議と、「きつい」、「疲れた」や否定的な言葉を口に出す人は他の人よりも体調を崩している頻度が高いように感じます。実際に体調を崩して発熱したり、とてもきつそうな様子であったり。
言葉を紙に書いて、水の入った容器に貼り付けた後に、その水を凍らせて結晶化させた写真の本を見たことがありますが、「ありがとう」の場合、きれいな結晶になり、「ばかやろう」の場合、きれいな結晶には全くなっていませんでした。
普通に炊いたご飯の実験でも、前者は芳醇な香りに醗酵し、後者は真っ黒に変色し腐敗したそうです。
人間も^50~70%は水で出来ているので、言葉と体調の関係は深いのかも知れないなと思いました。
【2010/11/04 18:51】 URL | こうちゃん #-[ 編集]

企業にはスタッフのモチベーションを上げ
成績上昇につなげるために研修させているのでしょうが、
どうやら、この方ご本人のインナーの問題が大きいようですね。
どこまで、企業として個人のインナーに付き合えるかと言うことが、壁になりそうです。

思うに、この方は慎重な方なのでしょう。
しかも、じっくり考えるタイプだと思います。
これをお客様の身になると言う方向性で個性を活かせないでしょうか。
おそらく同僚と同じに出来ない自分にも嫌悪感を持っているのではと感じます。
そうではなく、それは「才能」なんだと気づかせる
客観感性も必要だと思います。それが自信につながるのではないでしょうか。
【2010/11/04 13:37】 URL | ヒゲ艦長 #EBUSheBA[ 編集]

つい最近読んだ本に書いてありました。

「私たちはみんな打出の小槌を持っている」と

それは言霊という私たちが普段から発している言葉に反応するのだそうです。

ただこの打出の小槌は厄介なことにいいことばかり起こしてくれるのではなく、悪いことも引き起こしてしまうのだそうです。

「きつい、つらい、悲しい、できない、疲れた」などのマイナスの言葉を発すると「ああ、この言葉が好きなんだ、だったらもっとこの言葉を言わせてあげよう」と私たちがもっている打出の小槌が未来にそんな状況を作ってしまうそうです。

でも「ありがとう、感謝します、ついてる」などの
言葉を口癖にしていれば未来はこんな言葉を口ずさむような状況が作られるそうです。

今この法則を実践中です。自分でこれを体感できれば、周りの人にもっと伝えたいです。v-82
【2010/11/04 01:51】 URL | 本音で生きよう #-[ 編集]

お客様の中には言葉のくせに、
はまっていらっしゃる方、
延々と現状をお話しされ、
うったえてこられる
傾向にあるように思います。

一つづつ、ひも解いていくと、
育ってきた環境も関係していたりして、、、

毎日、使ってきた言葉で
人生そのものが造らているのであれば、
その方の、これからの人生は・・・・


出会った方々には、
人生が好転する言葉を使っていただきたいです。きっと好転しますね。







【2010/11/02 23:45】 URL | varranasi #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/231-ac3a359c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)