年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ピューターとツインタワー、そして仲居くん!【いざ!マレーシアへ】

マレーシア旅行記の最終回です。
まだまだ、数多くの写真がありますが、今回はひとまず終了とします。



過去、いくつかの国を訪れましたが、マレーシアは多民族、多宗教、複数の文化を
あわせ持つ、実に不可思議さを感ずる国でしたね。



その歴史は決して平坦ではなく、外側からは見ることの出来ない複雑さの中でそれぞれの
民族の方々が、必死に生きている姿を垣間見ることができました。



日本人は、いろいろな面で恵まれ過ぎているとよく言われますが、それを肌で実感することの
できた旅でもありました。



あ~,おなごり惜しいマレーの旅日記ですが、以下がその最後の写真です。




ロイヤルセランゴールのビアマグ。
高さ2m、重さ1.6tのギネスにも登録された記念碑。
マレーシアを代表する工芸品のひとつであるスズ工芸。
CIMG2751a.jpg

今日はロイヤルセランゴールの工場見学に来ました。
CIMG2688.jpg

ピューターとは・・・
錫(すず)(sn)を主成分にして、アンチモン(sb)と銅(cu)を加えた合金。
熱伝導率が高く保冷・保温性に優れている。水の浄化作用もあり、水が長持ち、まろやかに。
CIMG2706.jpg

F1トロフィーもこれで造られていた!
CIMG2717.jpg

ショー-ルーム。
ピューターひとつで、いまや世界的な規模になっている。
これも創業した時の『想い』が『形』になった例ですね。
「あきらめなかった結果がここにある」と実感。
CIMG2718.jpg

ペトロナス・ツインタワー
89階建て、高さ452mで世界で三番目の高さ。ツインタワーとしては世界一!
タワー1を日本、タワー2を韓国が建設。
41階の2本のタワーを結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)をフランスが施工。
CIMG2847.jpg

スカイブリッジに入るには当日朝8時に1F受付で整理券をもらう必要があります。
これがかなりの競争率で200名くらい並んでいたかしら・・・
グループ分けされて指定時間にこうやって見学が出来るのです。。。
CIMG2824.jpg

スカイブリッジからの眺め(その1)
高所恐怖症の私としてはあまりいい眺めではありません・・・
CIMG2832.jpg

スカイブリッジからの眺め(その2)
CIMG2836.jpg

こちらは近くのKL(クワラルンプール)タワーからのペトロナス・ツインタワーの眺め
CIMG2877.jpg

夜の風景
手前がツインタワー、奥がKLタワー。
マレーシアの象徴といえる眺めです。
近代文化と古き歴史を残し、インド、中国、マレーの多国文化の融合。
マレーシアはさまざまなことを考えさせる旅でした。
CIMG2594.jpg

おまけ。
SMAPの仲居くん
いえいえ、仲居くんそっくりなホテルボーイがマレーシア最後の日、
私達を見送ってれたのでした。。。
とても楽しい旅行でした。どうもありがとう!
CIMG2779.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

明けの明星さん、長文のコメントを有り難うございました。いろいろ辛いことがあったんでしょうね。
でも、よく乗り越えましたね。人生、お試しや鍛があってこそ、何かに気づき、成長していけるんですものね。
神様はあなたに大きな発見をさせようとなさったに違いありません。
あなたが言うように諦めず、コツコツと続ける人こそが、その結果を得るのだと思います。

「明けの明星」さんに拍手です。

私の生きるコンセプトのひとつも
「諦めない心!}ですよ
【2010/06/22 10:24】 URL | SEIKO #-[ 編集]

この写真で出てきたセランゴールピュータの創始者ヨン・クーンは中国古来の伝統技術の基礎と粗末な道具だけを携えてマレーシアに渡ってきたらしいです。そして英国の植民地という環境の中で、当時の上流階級や寺院のためにポット、ワイン、カップ等を作り始め、その技術と品質の高さが評判となり、彼の作り出すセランゴールピューターの名が一躍広まりました。

ちょっとブログだけでは内容がわからなかったのでセランゴールピュータのことを調べたらでてきました。

「あきらめない」ということでちょっとした体験があります。

今年の3月ごろに仕事のことで、どん底に落ちたことがありました。自分の中で「もうだめなんじゃないか」と頭のなかで色々なことを考えてパニックなっていたときです。

僕は福岡市に住んでいますが、その時にオープンしたばかりのパルコで、食事ができるお店に入った時のことです。心身が疲れきっていた時にお店に貼ってあった張り紙に目がいきました。
「奇跡とはあきらめないこと」 たぶん普段は気にもとめなかったと思います。もしこの世界に神様という存在があるなら、神様が自分に投げかけた言葉のように思いました。その紙(神)[/太字]を見たから状況が何か変わったわけではありません。ただあきらめないで、まず会社で生き延びようと決心しました。自分に非があるところは改めて、あきらめなければ必ず状況は変わると信じて。
おかげでだいぶ色々な状況が改善されてきました。もしこの文章が目にとまって、今つらい目にあって夢や人生をあきらめようとしている人がいたら僕はつたえたいです[太字]。「あきらめないでください、奇跡とはあきらめないことからはじまるんです
。」と
【2010/06/22 01:35】 URL | 明けの明星 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/180-e2c5ae34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)