年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



おしゃべりの秋(話すること・聞くこと)

「~の秋」シリーズ第3弾きらきら


会話時にあなたは話すことと、聞くのはどちらが多いですか絵文字名を入力してください


話をするって確かに心地いいですよね。
聞いてくれる相手がうなづいたり、
質問をするなど真剣に聞いてくれる様子だと、また話したくなるもの。


でも、以外に相手は仕方なく聞いてることがあるかもーーー。
相手の様子を伺いながら話すのも、人としての配慮かもしれません。


野球本来は会話がキャッチボール


でも、それに気づかず機関銃打ちっ放しの人も結構いるもんですよね。

話題が聞き手にとって興味あるなら、少しはそれも結構!
でも、内容が自分のことばかりだと、ちょっとうんざり!
聞いてる人も聞くことばかりだと客観的にみて、もの足りない!

そこにほどよい意見や絶妙な感想を入れると小気味いいですね。

日本人に会話の達人は、なかなか少ないのかも!(私を含めて)
話し手と聞き手の役割がだいたい決まってしまうのです。


もう大分前の話なのですが、オーストラリアに行った時のこと。


Open Coffeeで3人の20代~30代の女性が話したいことを、同じくらいの分量で、各々が愉快に話しているシーンが鮮明に残っています。
ステキな絵柄にもなってましたね~~。

あんなのって、私大好きです!!絵文字名を入力してください


でも、夫と話しているとつい私ばかりがしゃべっちゃう。

そんな夫は「私もしゃべっていいかな?」
「あっ、ごめんなさ~い」
と、私・・・・・『また、やった!』びっくり

そうなんです、実は夫は以外に聞き上手。
(話好きだけど、とりとめもないおしゃべりは苦手です)

よ~く聞いていて、ここぞと思うところで、ストーンと話してくれるので、
「成る程!」とうなづけるのであります。
私より年下だけど、ここは私よりうまいかも・・・。
(ちょっとしゃくデス)



~ひとりごと~

「あっ、夫のそんなとこに、私は惚れたのかな?」ハート
人って自分の話を聞いてくれる人には好感を持つものです。

そんなとこから、
この秋にどこかでまたひとつ
「恋ハートが生まれるのかも~~~。


えぇ大きい文字文字色

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

こんにちは!SEIKOさん!v-266
会話ってホンとに大切だと思います。私はどちらかというと聞き手の役が多く、自分の気持ちが充分伝えきれてないことがあります。解っていると思っていたのに、「理解してなかったんだと」と仕事でもプライベートでも気づかされることが・・・v-12ホントに私って話しベタ!聞き上手も大切ですが、今の私は相手にとって話しがいのある会話上手になることが目標です!v-219
【2008/09/13 21:52】 URL | イチヂク #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/18-25798c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)