年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



二人の来訪者

今日はkさんとmさんが訪ねてきました。コーヒー

二人は大の仲良し!友
でも、単なる「仲好し、子好し」ではありません。
互いに、きちんとものが言える間柄です。


今日もコミュニケイションの途中に、いろんな問題点が出てきました。
片方のわずかな誤解があったのですが、語り合う中で理解しあうことが
できたのです。


どんなに仲のいい関係でも、自分の気持ちを伝え、話し合えるということは
とってもとっても大事なことですよね。

それは、友人どうし、夫婦関係、恋人どうし、親子の関係、全ての関係に然りですね。



良好な人間関係には、聞き手になることも欠かせません。
懸命に聞いてあげて、ここぞ!と思うことは言ってあげる。

このバランスで、双方の関係は保てていけるんでしょうね。


「自分のことで精一杯」の今の世の中で、今日の二人は
懸命に話し、懸命に相手の話を聴いてあげようという姿勢を持っています。


成長期に最も貴重な「聴き方、話し方」の教育を欠いている日本人である私たちは
これからグローバル社会でうまく生き抜くためにも、身近なコミュニケイションの
「いろは」から学ぶ必要がありそうです。


いろいろ考えさせられる、お二人とのひとときでしたね。


ちなみに私たち夫婦も、焼酎を飲みながら時々「吐き合い、聴きあい」してますよビールと枝豆酒



テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

seiko先生
昨日は、ありがとうございました。

いつも、kさんとは色々と話ますが
二人で話し合うのと、
3人は、また感じが違って新鮮でした。

kさんは、一生懸命に努力する人ので
話すのが、とても楽しいです。


今回、変わりたいと思っている部分の
話を沢山させていただきましたが、
やはり、気がつかない部分があるんですね。
自分のことって指摘を受けないと
気がつかないんだなぁと反省しました。

貴重なお時間に、たくさんのアドバイス
ありがとうございました。


【2010/01/27 18:14】 URL | m #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://toshiue16kodakusan.blog87.fc2.com/tb.php/147-7ce485d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)