FC2ブログ
年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



「あきらめない!」の奥にあるもの

最近ふと、
二年前の私の輝きアップ1dayセミナーを受講して
密かにある決断をし、突然東京に行かれた
Nさん(40代)女性のことが思い浮かびます。


受講数か月後のある日、突然私に挨拶に見えました。
「明日、東京に引っ越します!」


おしゃれをしてキラキラ輝き、今までの暗かったNさんはいません。
店のスタッフも驚きました。


彼女はデザイナーをめざし、結婚もしたい。


とても好きな方が東京におられるようです。


「どちらともとりたい!」のです。


その男性はその世界(デザイナーの)では有名な方らしいのですが、
彼女の話からは数回お会いしても
先方からはその気配(彼女を女性として受け入れる雰囲気)は
感じられなさげで、一関係者としての接触に感じます。


でも、もう彼女には止められないのでしょうね。


仕事に対する意識より
彼に対する想い(感情)の方が強すぎるのを感じます。


彼女は、私のセミナーでの
「夢があれば、決してあきらめず実現することを目指す!」
話を取り違えたような気がしました。


やりたいことを目指す!のはとっても大事なことでもあります。
しかし、特定のお相手に対する想い!は別な場合があります。



「結婚をあきらめたくない!」のは分かりますが
「憧れの方をあきらめない!」のはちょっと違います。


結婚はお相手の気持ちがあってのこと。
お相手の感触が今一つ???なら
あまりにも積極的にガンガン行かないほうがいいのですよ。


待ちの姿勢もよくありませんが、接近の仕方の知恵も大事!
現代はメールもあるしラインやフェイスブックなどなど。


いろいろなソフトなアプローチの方法もあります。


友人を活用するのもいいし、仕事で徐々なる接近も。


縁ある方とは不思議ですが、
離れていても通ずるものがあります。



必要であれば必ず再会の機会が自然と訪れます。
例え、地球の裏側であれ…タマシイの巡り会いです。
(チチルさんに教わりました)



それに

●目指す仕事はあなたの【自己実現】の為でもありますが

●【結婚】はある意味、生きる為の手段でもあります。
   (何かを目指すために必要な
    パートナー力⦅りょく⦆!)


それに、物事には順序があります。



まず、食べるための経済力の確立!(仕事の定着!)


そして、それから、お相手への徐々なる接近!


恋に関して、彼女は思い立ったら!のタイプのようですが、
(大昔の私のようで…。笑)


あまりにも唐突なことで、旅立つ前【恋に輝いた(?)】の彼女には
私の言葉なぞ、入らなかったやもしれません。


所詮、恋に支配された女性(男性)には、
ヒトの言葉なぞ入りにくいものです。(笑)


とにもかくにも、燃えている場合は少しの間
冷静に自らを客観視をすることも、
とても大事なことなのですよ…。



大宇宙との波長あわせも貴重です。


あれから、何も連絡が来ませんが、
Nさんにはどうぞこのブログを読んで下さることを念じています。


今の彼女になら分かってもらえるのでは…と思いつつ。


★今日はブログが少し長くなってしまいました。


どうしても、Nさんや、
今、Nさんのような方に伝えたかったのです。



インド食堂チチル&シシリ物語
(You Tube)


z☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

☆杉林せいこセミナーのお知らせ→
輝きアップ1Dayセミナー

☆インド食堂チチル&シシリ ホームページ→ 
ホームページ


いつもブログをお読み頂き有難うございます。
感想や質問などございましたらお気軽にCOMMENT欄へ書き込み下さいませ。
(全てに返信はでき兼ねますが、必ず目を通しておりますのでご了承ください)


モモタ 山を眺める


スポンサーサイト



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記