年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



Galiya (過去ガリヤ掲載分)



今日は過去のガリヤ掲載分をアップしました。
どうぞ、お楽しみ下さい。(^^♪




結婚をめざすあなたへ(その2)

「幸せな結婚」は周りを想うことから


のっけからですが、私は「二十一世紀の幸せな結婚」というのは、
「周りをも自然と、その幸せの渦へと巻き込んでいける二人に成ること!」
だと思っています。


結婚すると、互いの親兄弟、親戚、友人達など親しい知り合いが2倍になります。
その中でも濃いつきあい、あまり会う機会もない関係などさまざまではありますが、
話をしたり多少の交流は必要となりますよね。

.
実はその時に、「二人」の存在の影響は、大きなものになるはずなのです。
二人の生き方オーラが、周りを明るくしたり、暗いものにする。
一人の時より、二人の方がそれは顕著なんです。
それは、二人が日頃いかなることばを使い、ものごとをどのように考え、
どんなふうに生きているかで、その「生き方」オーラは違ってくるようです。


つまり、『思考すること』『ことば』『生き方』は、とても貴重だということになります。
信頼しあい、常に成長しあう二人なら、周囲はそのような雰囲気を感じ、
その二人に共鳴する人達がおのずと集まるようになっているんですよね。
そんな人々は、無理に集めようとせずとも、本当に自然と出会ってしまいます。
それに「幸せになりたい~」と思わなくとも、
いつの間にか自分達が、その渦(幸せ)の中に入ってしまっているのです。


例えば、二人の身近な周囲にもあなた方二人の言動によって、
影響を受ける方々はたくさんいるものです。

 ①友人が何か辛い状況にいれば、話を聞いてあげるなど温かな時間を作る
 ②親、兄弟とも率先して交流を計る
 ③姪っ子や、甥っ子も話してみればかわいいもの
 ④年老いた祖父や祖母は、話を聞いてあげるだけでとても喜びます
 ⑤近所の方々との挨拶も、自ら積極的に(返事の返って来るのを期待せず)
 ⑥親しい友人たちと、時にはミニパーティーを


まずは、このようなことを無理なく自然体でできるようになれば、しめたものですね。
ただし、義務で行えばストレスになるので、会いたい時に会えれば会い、
電話かけたい時に話せればオーケイ!くらいがいいのでは?と思います。


ここで、私の知り合いで素敵なカップルのことをちょっとだけ紹介しましょう。


二人は直方で、農家レストランと民宿を営む仲睦まじい五十代のカップルです。
温かなお二人の人柄に人々はいつしか魅かれ、寄ってきます。
その場所で『持ちつき大会』が行われた時のこと、
参加者から
「こんなに幸せな集まりなんて体験したことがない!」
「まるで極楽みたい!」
などという声が聞こえました。
そこはいつの間にか、年齢、性別、職業をを問わない
参加者の楽しげなコミュニティーと化しています。


人は人によって励まされ、勇気づけられ、楽しみ、
それが次の日からの生きるエネルギーになるのでしょう。
そのご夫妻は、そのエネルギーの湧出の場を喜んで提供しています。
単に、商売のためだけではできないことだと感じることがあります。


ある時、
「自分達二人が日々無事に好きな仕事ができるのは、
 来て下さるお客様がいるからです。
 常に、周り(お客様や従業員や家族)に感謝の想いで過ごしています。」
ということをご夫妻から聞いたことがあります。


『感謝』とは、ことばだけでなく何かを実践して初めて、
相手がそれを感じ取るものでもあります。
お二人のその想いが、きっとお客様に伝わっているからこそ、
「また行きたい!」という気持ちになるのでしょう。
営業外の日でもひょっこり人が訪れるといいます。


イメージトレーニング研究、指導のパイオニアで有名な
『10人の法則』の著者:西田文郎氏の著書の中に、

「自分のために頑張る人は小さなエネルギーしか得られない。
 なぜなら自分のために頑張る人の心には自己防衛本能が働き素直になれないからだ。
 究極のエネルギーは素直な脳が生み出す。
 とてつもないエネルギーを出し、とんでもない力を発揮したければ
『自分のため』を超えて頑張る必要がある。」とある。
 

つまり、究極のエネルギーとは素直な脳が生み出し、
その素直な脳をつくるものには次の二つがあるといいます。

 ①『感謝』のプラス感情
 ②自分以外の人のために頑張ろうとする使命感
 
②の使命感というと、何だか大げさなように聞こえるので、
簡単にいうとあなたの身近な周りの方々のために心がけて何かをする(例えば上記の①~⑥)
ことも『生きる使命』になるのかもしれませんね。
その積み重ねの言動が、人の幸せを生み出し、それがひいては自分の幸せになる。
つまりは、周りとともに『幸せの渦』へと繋がるのです。
このことを西田文郎氏は著書の中で、『返報の法則』と著しています。
やったことが、跳ね返ってくるという意味です。
このようなことを農家レストランのご夫婦は、
実際に『生きる姿勢』として実践しているように私は感じています。


とりもなおさず、これからの結婚は、
二人だけの世界にとどまらず周りの幸せのためにも気をそそぐことで、
自然と幸福のスパイラル(渦)の中に入っていけるような気がしてなりません。



yjimage_20160531104835732.jpeg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


ネパールよりトラチャンさんご来店!


昨日は、ネパールのホテル(サンセットビューホテル)オーナーである
トラチャンさんが当店にお越しになりました。
(トラチャンさんのことは、昨年のブログにも書きました。)


実に、私たちは3年ぶりの再会です。


トラチャンさんは、私達夫婦が3年前にネパールに行った時、
20日間あまり泊まったホテルのオーナーです。


宿泊時、大勢の日本人が泊るなか、何となく気が合ったのか、
私たちはトラチャンさんと、長時間のおしゃべりに花が咲いたのです。


あれから、3年目の昨日、突然の連絡とご来訪なのです。(*_*;


夫が、当店スッタフМちゃんと車で博多駅に迎えに行くと、
トラチャンさんは、二人の日本人のご友人と一緒でした。(^^♪


あれ?お一人だと思っていたら。。。。
こういうことって、ネパールの方の場合はよくあることです。(笑)


同行の方で、お一人は屋久島(鹿児島)にあるホテルのオーナーさま(60代くらい)。
もうお一人は、以前中学で教えていた生物の先生(80代)だった方らしいのです。


お二人とも、ネパール大好きで、
トラチャンさんのホテルによく宿泊なさっておられる方でした。


私たちは、お二人とは突然の出会いでしたが、
何となく自然体で皆さんとも意気投合しスムースなコミュニケーションで、
当店につくと、あっという間に楽しく3時間余りが過ぎてしまいましたよ。


一緒にネパールに同行してもらった、美女二人( iさん、Мちゃん)
も参加してのおしゃべりで、更に盛り上がりを見せました。(#^.^#)


次は、トラチャンさんの
「ヒマラヤに建てているロッジにヘリコプターで来てください!」
という言葉で、次なる再会を約束してお名残惜しく分かれました。


しかし、私たちがとても嬉しかったのは、トラチャンさんを始め、
3人の方にとてもお喜び頂いたことです。


トラチャンさんは、ビールは1年に一回くらいしか呑まれないらしいのですが、
今回は、「特別の日!」ということで、お飲みになりましたよ。(#^.^#)


「あ~、良かった!とても嬉しかったみたいね~!」と、
私達は皆で安心し合いましたよ。


他では聞けないお話も盛りだくさん!
トラチャンさん、感動のひとときを本当に有難うございました!



IMG_3682.jpg


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


ガリヤ今月号発行(6月~7月)



冊子ガリヤが発行されました。
過去のガリヤと合わせて、その月に発行される冊子の
ページも掲載致しますので、どうぞお楽しみ下さい。(*^。^*)


IMG_3669_201605231815463a4.jpg


00-ちょっと一息-初夏号

テーマ:日記 - ジャンル:日記


あすなろ20周年記念



土曜日にあすなろ(農家レストラン)様の20年記念
でお食事会に、私達夫婦がご招待を受けました。


あすなろさんとは、
出会ってもうかれこれ10年近くに成るかもしれません。


インド食堂 チチル&シシリを開店するまでは、
時々お友達数人で、出かけていたのです。


田や畑に囲まれた大自然のすがすがしい農家レストランで
私たちは、時の過ぎるのも忘れて食べたり、
おしゃべりしたりと、ひと時を存分に楽しんでいたのです。


お料理は、全て、無農薬野菜であり、
あすなろの奥様K子さんの心のこもった手作りです。



そんな素敵なあすなろさんに、
私達は、インド食堂 チチル&シシリをオープンしてから
最近、ほとんど出かけることが出来なくなったのです。


それにも関わらず、今では反対に、
あすなろ様のご家族がお客様を伴ってきて下ることに。。。
本当に、申し訳なく、有り難い気持ちでいっぱいなのです。


そんな中、20周年記念にお招きくださいました。


目的地、直方は高速で40分余り、私たちが到着すると、
盛りだくさんのごちそうが色とりどりにズラリと並べられています。


招待客は40~50名様。


私は、講演をご依頼いただき、お話をさせていただくことに。。。(#^.^#)
瞬く間に3時間余りが楽しく過ぎ行きました。


あすなろ様、
本当にこのたびはおめでとうございました。
今後も25周年目指してどうぞ、
楽しくお励みいただきたいと思います。(*^。^*)



私たちも、また必ずお伺いしたいと思っています。


感動的な一日を本当に有難うございました。


IMG_3646.jpg


IMG_3640.jpg


IMG_3644.jpg


IMG_3654.jpg


IMG_3651.jpg


IMG_3634.jpg


IMG_3649.jpg


IMG_3650.jpg

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


コメントへのお答え



ブログをいつも読んで下さり、有難うございます。

今日はonoさんのご質問にお答えしたいと思います。



 
Q: Facebookの記事をみて初投稿してます。
  今の私にちょうど必要な内容でした。今年に入り、きちんと出会いたいと決めると
  一生懸命になってしまい、楽しむということが難しく、バランスが取れなくなっていました。。。
  もっと余裕が持てるようになるにはどうしたら良いのでしょうか?
  【2016/05/09 17:43】 URL | ono #-[ 編集]


 
A:見つけものをするのに、一生懸命捜すけどなかなか見つからないと
  イライラしたり焦ったりしますよね。


  どこ置いたんだろう~?何でないの~?って。
  すると、益々見つかるはずのモノも見つかりにくいものです。


  そんな経験ってありませんか?


  そんな時は、一旦仕切り直しです。
  お茶でも飲んだり、青空眺めたりして心の中をゆったりして
  みるのです。(*^。^*)


  私のお相手探しの時は、確かに一日も早く出会いたいな~!と
  急ぎの気持ちはありましたが、焦らなかったことを思い出します。
  

  決して、焦った行動はとらなかったような気がします。(#^.^#)
  流れのままに動いていましたよ。(*^。^*)


  まだ、見ぬ相手のことは一日に一回くらい夢想(?)していま
  したが、やりたい仕事や勉強したいことがたくさんあったので
  そちらの方へ大半は意識が向いていたと思います。
 

  そして、自らに正直に動いていましたよ。(^^♪
  もちろん、ルンルンで。。。。
 

  基本的な心の状態は、プラスマインドへ持っていくのが、
  ベストな出会いを作る重要ポイント
だと思います。


  なぜならば、不思議なくらい今の自分と同じくらいのレベルのヒトと
  出会ってしまう可能性が強いので、少しでもマインドアップしておいた
  ほうがいいのです。



  本来、「お相手探し一生懸命!」は要らないと思います。
 

  いつも、私がいろんなところで話したり書いたりしていますが
  

  まずは「自分はどんな人生を歩みたいのか!」を、考えて
  マイストーリーをしっかり描いてみて下さい。(#^.^#)
  その中に、お相手が登場してくるなどのイメージで。。。。


  焦らず、慌てず、あなたの「自分磨き!」をしながら
  「お相手はどんなヒトだろ~。(#^.^#)
   今、どんな人生を歩んでいるんだろう~。」
 

  などと、ワクワク、ドキドキ、と、勝手なイメージをしながら
  出会いのその日を待ち望んで下さいね。

 
  あなたの「出会いたい!出会うぞ!」(^^♪
  という、その気持ちがとても大事だと思います。





yjimage-1_20160511135808a28.jpeg

テーマ:婚活−出会いと結婚 - ジャンル:恋愛


ブログへガリヤ記事連載スタート! No.1



先日、私のブログを読んで下さっている
北海道の女性Мさんから突然メールをいただきました。



冊子ガリヤが発行されてることを
私のブログにて知って頂いたようです。


しかし、北海道の方はとうてい冊子を手にすることはできません。


Мさんもお読みになりたいそうですので
このブログにガリヤの原稿そのものを掲載することに致しました。


ブログが全国の方に読まれていること知り、
私もとても嬉しく、益々力が入ります。


ガリヤは2009年から書いておりますので、
これから、それを少しづつ載せていきたいと思います。(*^。^*)


内容は改めて加筆、修正のうえ掲載致しました。


今日は、その第一回目です。
どうぞ、楽しくお読みくださいませ。(^^♪



●結婚をめざすあなたへ(その1)


先日(2009年、2月20日)、
私の著書『選ばれる女性の45か条(近代文藝社)』の出版記念講演会を、
満席(130席)の中で無事終えることが出来ました。


講演の最中、眼の輝きやメモを取る女性の皆さんの様子にとても熱心な姿勢が伺え、
結婚に対する意識の高さを知ることができました。


その様子に嬉しくなり、私は益々話のボルテージが高くなってしまったのです。
講演終了後のアンケートでも分かったことですが、
ほとんどの方が「結婚を強く望んではいるけれど、何をどうしていいか分からない」、
「時々は合コンなどに出かけてみるけれど。。。。」という方が意外に多いことも分かりました。


それだけでは、なかなかお相手との出会いのチャンスは掴みにくいはずですよね。
結婚も仕事と同じで『結婚する!』と『決める!』ことが大事だと思います。


「来年の春(4月)には結婚までこぎつくぞ!」とか
「2年後の6月(ジューンブライド)までにはなんとしても」など。
(実際には、あなたの人生のグッドタイミングに出会えるのですが。。。)


それにどんなお相手と出会いたいのか?
あなたの理想とするお相手のだいたいの人物像を、
イメージしておくことも大事だと思います。


実は、今回の本はそういう方々の為に微力ながら、
何らかのお役に立ちたいという思いからペンを執るに至ったのです。
そこで、私のことを少しお話しますと、
私は43歳の時に夫と出会い、47歳で結婚し、
おかげさまで無事11年目(2009年現在)を迎えることが出来ました。


私も当時、40を過ぎて「果たして結婚できるのかしら?」などと、
時々不安の想いがよぎりましたね。
そんな時は『思いの消しゴム』でサササーッと「不安」の文字を消したり、
「フッ」と息を吹きかけて「マイナスの心」を消すなど、
いろいろな工夫で我が心を奮起させていたものですよ。


私は結婚するのに、いつまでという期限こそ立てなかったのですが、
一日も早くめぐり合いたかったために、いろいろな動きをしていましたね。


その内容で、著書に書いていないことをここでチラリと紹介しますと(講演会では話しました)、
時々近くの大濠公園(平和台球場の隣)の湖の渕に並ぶベンチに腰をかけ、
青空に向かい、心の中でつぶやいていたのです。
「神様~、私は必ず相性のいい年下のパートナーと出会います」
な~んて、大声で(もちろん心の中ですよ)、誓いの言葉やら、祈りやら、やっていたのです。


周りの人には決して気づかれないように(笑)。
それに、湖の周りをジョギングしながら、
「会える、会える、必ず会える!」(♪)
な~んて、これもまたリズミカルにつぶやきながら・・・。
つまりは、私の中のまだ見ぬ彼に対するテレパシーは、
そんな行動をする中でどんどん彼に向かって(今の夫)に、飛んでいっていたに違いありません。


それと同時に、パーティーや、交流会などにも参加。
その時、私は40をちょいと過ぎていましたね。恥ずかしいなんていっていられません。
もし、あなたが結婚したいのなら、当時の私のように思ったことをすぐ実行!
行きたい処へ出かけ、会いたい人に会って、
極力人との出会いの機会を多く持つのが本来の相手へと向かう近道だと思います。


私のその動きの途上で、そうです!見事に夫と出会ったのです。
(でも、その時は何の計算もなく、行きたい処へ出かけたら夫と出会ったのですよ。)


夫は、出会う前に私の夢の中に出てきた男性に、イメージがよく似ています
(そのイメージが消えないうちに、しっかりスケッチしていましたよ)。
出会った相手は、何と!『16才年下!』なのです。


当初は驚きましたが、男と女なんて出会ってしまえば年の差の違和感はありませんね。
ところで、今の時代『婚活』という言葉が大流行ですが、
結婚をめざすあなたの動きなくして待ちの姿勢では、
決してあなたの『星の王子様』は現れません。
『就活』と同じです。
会社だって向こうから寄って来ることはないのですから、
結婚に向かってのを動く必要があります。


しかしながら、今の時代、結婚も『婚活』と称し、ビジネスの対象として考えられ、
いかがわしい業者もいることは否めません。
そこのところはあなたのきちんとした選択眼がとても重要視されるところだと思います。


あくまでも、「焦らない、慌てない、ヒト様の今期とは異なる!」
と、いうことを貴重としていただきたいと思います。


参考までに結婚をめざすためのポイントをお教えしておきます。

 ①必ず結婚する!出会いがある!という決意をする。
 ②いつまでに結婚するという目標を決める。
 (目標通りにいかないこともあります。それはそれでオーケイです。
 それくらいの余裕を持つこと)
 ③出会いたい相手の姿をイメージする(夢に出てきたり、自然に浮かんできたらスケッチする)。
 ④あなたの未来のストーリーを作る(ノートに書く。そこにお相手が登場する)。
 ⑤心のままに行動する。
 ⑥人生を楽しむことを忘れない。


できれば、以上の内容を用紙に書き、あなたの目に付くところに貼り付けて、
常に忘れないように声に出して読むなども実行します。
今、あげた内容はあくまでも私の実行した方法ですが、他にあなたなりの方法を生み出してもいいですね。
まだ見ぬパートナーに出会うには強固な意志も必要です。


それに、お相手(結婚相手)のことを思うのは一日に一回くらいでオーケイです。
普段は仕事や、やりたいことに専念し、あとは神様にお任せ!が良いのです。


『結婚』はヒトとして生きる目的ではありませんし、
あくまでも、生きる上での選択肢の一つとも言えます。
「自分の人生にパートナーとの出会いは必要!」と思うなら、
「いつかはきっと出会える!」と信じることも大事です。


自然の波に乗りながらも、
臆(おく)することなく出会うその日をワクワクと待ち望んで頂きたいと思います。(*^。^*)


yjimage_20160507183951330.jpeg


w621_Washi-tape-wall-frames.jpg

テーマ:婚活−出会いと結婚 - ジャンル:恋愛


カレーミーティング&サリバンさんご来店!


三年目に入ったカレーミーティングが行われました。


お一人で食べる場合と異なり、
この日にご参加なさると当店の様々なお料理を
皆さんでシェアして食べることができるので
毎回、数種類のお食事をとてもで楽しんで
頂いているようです。(^^♪


前回は男性もいらっしゃいましたが、
今回は女性のみ8名様でいつものようにワイワイガヤガヤ。。。。
大賑わいの様子です。


突然の飛び入りもいらっしゃいましたよ。(^_-)-☆


私も一度参加したいのですが、
時間の都合でできません。 残念!(*_*; 

*****************************


と、
そこに常連客のE様とアメリカ人のサリバンさんが
突然のご来店です!


サリバンさんは去年ブログでもご紹介しましたが、
宇宙人とコンタクトでき、全国を飛び回っている長身の素敵な
アメリカの男性です。(#^.^#)



もう10年近く日本に住み日本語は日本人並みですよ。


彼なりの使命感があり、宇宙人とのコンタクトを取ることを
日本でいろんな方々と共に実際にやっていたり教えたり、
はたまた映画を作ったり。。。


次回はテレビでも放映されるようです。


実は、以前の映画の上映会を昨年、
当店で行い大好評だったのです。(*^。^*)
グレゴリー サリバンさんの情報にご興味おありの方は、
こちらを覗いてみて下さいね。
JCETI 日本地球外知的生命体センター 代表グレゴリー・サリバン

更に、またいろいろと楽しい情報も集まってきますので、
どうぞお楽しみ下さい。


main.png


1-C-TOT137.jpg


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記