年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



今日はスーさんへのお応えを

Q:なぜコミュニティーが必要か?

A:
当時の私(20代後半)は、
職場での出来事の悩みや会社での女性の地位の低さ、
女性の人権などについていろいろ考えていたんですね。
でも、職場ではそのようなことを語れる友人がいなくて
社外に求めることに・・・


それに刺激し合える友人も欲しかったし、
視野も広げたいなど生きることに欲張りな私がいたわけです。
それで思い切って、職場外に友との出会いを求めることに。
創った会が『女性問題研究会』です。
 
 
今、思うと何だかとてもいかめしく聞こえる名称で
恥ずかしくなりますがね(・_・;)
当時は、かなり真剣に取り組んでいたような記憶があありますが。。。(-_-;)


その頃は、そんなことをする人が少なく珍しがられたみたいで、
某新聞社の取材を受けたりラジオ出演の依頼がきたり
そんな日々を楽しんでいましたね。


すると、自然に人との出会いが増えたり、
日々の生活に張りが出てくるなど、
とても有意義なプロセスになったわけです


 
結果として、それは長崎から単身福岡に出て
仕事をフリーですることへの大きなバネになったような気もしています。
 
 
まさにコミュニティーはヒトが活性化できる源泉とも言えますよね。
何事もやってみることが先決です。


254880_471867429499997_808135686_n.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:日記


今日はつくしんぼさんへのお応え中心です

ヒトとお話をする際に、
お相手に自分のことも知ってもらいたいのなら
思ってること、感じたことを
素直に言ってみることも大事だと思います。(*^。^*)


「こんなこと言ったら嫌われるかも。。」
「私なんか受け入れてもらえるかしら?」
「私のこと話しても相手は面白くないのでは。。。」
などど考えていると少しも前には進めません。


まずは、あなたの話したいことや聞きたいことを
心のままに楽しんではいかがでしょうか?


ヒトとの話で、
「あっ言わない方がよかった!失敗した!」
ってことは誰にでもあることですしね。


そんなことを恐れてたら誰ともお話できなくなります。
しまった!と思ったら次回こそは!と思えばいいことですから。


何でも場数を踏むって、とてもとても貴重なんですよね。
ヒトに会う回数が増え、慣れてくるとスイスイと話は出てくるものですよ。


なにごとも恐れないで挑戦してみて下さいね(*^。^*)
私だって過去失敗の連続でしたよ(-_-;)


その辺は、また後日。。。


アクション起こさないと人生は進みません。


tumblr_m8cd3zVN4l1r1suvm.jpg


テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ


三人寄れば。。。

コミュニティって
大げさに考えない方がいいと思いますね。
先日も書いたように、二人寄れば立派なコミュニティーです。


ただし、女性の場合は、
数人寄ればダラダラとおしゃべりに終始してしまいがちです。


何か前に進みたいものがあれば、
テーマを決めて話すのも一案だと思います。
その都度メンバーを変えても楽しいもの


「三人寄れば文殊の知恵」
三人の場合はいい意味での競争意識も芽生え
ほどよく面白い発想、話題も出てくるものです。
いろんなスタイル・アイディアで集まりを楽しんではいかがでしょうか?


この繰り返しで、考え方や視野も拡大し、
人生の楽しさも倍増していくことでしょう。


さて、あなたは何か始められましたか?

illust1260_01.png

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コミュニティを創るには

ブログへのコメントしっかり読ませていただきましたよ。
ありがとうございます。


コミュニティを創るには 
それなりのしっかりとした前提も大事ですね。
私なりの考えをあげてみますと


1、何のためのコミュニティ創りなのか?
  を明確にする。

2、それをするのが面倒がらず大好きであること。

3、ヒトに興味があること。

4、ヒトへの想いがあること。
  


以上は最低必要な条件だと思います。

何か問題が生じた場合に、
すぐその原点に立ち返って考えることが出来ますね


私も、そんなことが好きで、遠い過去(20代後半の頃)に
長崎で「長崎女性問題研究所」なぞを立ち上げ、
10人ほどのメンバーで賑わっていた時代があります。


続けることで仲間意識も強くなってきますね。
何よりも、自分という人間を周囲に実によくわかって頂けたようです。


日々が充実してましたよ。
少しの間、この内容を続けましょうかね。


あなたは、
どのようなコミュニティを創りたいですか?いつですか?
よろしければ、お教え下さいね。

komorebi003_01.jpg


テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ


コミュニティーリーダー

あちこちでコミュニティーが盛んです


人には所属の欲求があり、
人との出会いなしには生きられない存在です。


いえいえ、他の動物だって殆どが群れを好みます。


大きな震災以降、そのことが如実にわかり、
あちこちでコミュニティーの大事さが確認されていますよね。


皆さんだって、二人以上集まれば立派なコミニュティーです。
そして、その中のリーダーになれるのです。


家族リーダーは、
そのほとんどが現代においてお母さんらしいのです。
お母さんのリーダーシップで
家庭は明るく前進できたり、団結力が強くなったり。。。
その力が弱いと、子供が非行に走ったり、
お父さんが疎外感を感じる冷ややかな家庭に。。。



シングル時代から、
友人をも想い、語りあえる小さくてもいいので
あなたが創るコミュニティーをお持ちいただくといいのではないかと思います。


結婚してしまうと、
日々に忙殺され他人様との温かな交流が薄れがちです


でも、習慣ってすごいもの。
やってみると、結構楽しく生活に張りがでてくるものですよ(*^。^*)


お父さん、お母さん、それに心ある方から
皆が豊かになれるコミュニティー創りをめざしませんか?



そんなことが、
ひいては自分の人生を豊かにできるものだと信じます
そして日本が豊かになると思いますよ


13343036.jpg

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ