FC2ブログ
年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



本は人生のカンフル剤

本はいろんな意味で「好き!」ですね。


若いころ、何か知りたい時や少しばかり気持ちが下がり気味な時に、
即!本屋に直行したものです。
1時間ほどいろんな本を乱読(?)していると
不思議に心の中がすっきり!


「知りたい!」あるいは「探したい!」内容に出会うと、
帰路はそれはそれは小躍り状態!


本との出会いは「未知との遭遇!」の部分もあるかもしれません。
あるいは、書き手の方との「一方的会話」なのかも。。。。


本の書き手は一文一文、より適切な言葉を探しながら書いていきます。
ですから、ある意味その方の 「想いの凝縮されたもの」と言えます。


共感できた本は、幾度も幾度も読んで 
初めて自分のモノになるような気もします。
お気に入りの本は、繰り返し目を通すようにしていますよ。(^O^)/


納得した内容は必ず実践、実行するなど役にたてたいものです。
「読む」だけで楽しめる本もあるけれど、
「マネしたくなる」「そういう風にやってみたくなる」内容の本だってありますよね。


そんな場合は、即、実践! 
そうすることで、本の効用が分かってきます。


『つん読!』のみでは、
あなたの人生のカンフル剤にはなりにくいですよね(*^。^*)



さて、あなたの本の効用についてお聞かせ頂ければ嬉しいですね。(*^。^*)


6146774965_ae205e3e46.jpg

スポンサーサイト