FC2ブログ
年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ヒトを変えようとしても変わらない

ヒトが生きていて逃れられないのが人間関係です。
職場でのトラブル ご近所でのもめごと 家庭内でのいさかい 
ヒトはいろんな世界で心を鍛えられますよね。


そこを避け、無難な道へ逃れればいいと思いがちですが
何のその!
  
逃げれば逃げるほど難は追いかけて来るものです。
つまりは、別の形で別の角度から
同じような体験をしなければならなくなるようになっているようです。


基本的には、その人が選んだその場所で
ヒトとの関係のステップアップをしなければならない
課題が与えられているわけです。


その時に、ヒトを変えようとしても土台無理な話。
その渦中にいるあなたが何かに気付き、変わることが先決のようです。
それは、
 相手への接し方(言動を含む)
 あなたの在り方
(相手との距離の置き方、あなた表情、その他気付くこと)

やもしれません。


ヒトって近づくと、意外に分かってくれるものなんですね。
分からないのは、互いの距離があること、
あるいは言葉の表現が悪かったり。。。。
人間関係の溝は、誤解や齟齬(そご)から生まれることが多々あるものです。


そんな場合、
あなたが当事者であるなら
ぎりぎりまで関係修復に努力してみるのも一案ですね。
周囲の助っ人から妙案を頂きながら、対策を講ずるのもいいかもしれません。


究極、自らがダメになりそうならば、
あなたはそこと(お相手)と遠ざかる時なのかもしれません。


要は、相手ばかりを批判せず、
視点を自らに向けどのように生きることが最も自分を成長させ、
イキイキと快活に出来るかを考えてはいかがでしょう?


いつの場合も逃げるのではなく、
相手にも自分にとっても最良の方法を見つけるあなたであってほしいと思います


V09054LOW.jpg

スポンサーサイト



テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ