FC2ブログ
年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



本の力と、生み出す答え

世の中には本が溢れ返っています。
ひと月に7万冊(冊子、雑誌も含め)も発刊や発行
されるので選ぶ方も迷うのは当然です。


人生に迷ったり、悩んだりした時に
本というのは格好のアイテムかもしれません。
他人に知られず、自分の戸惑いの答えを必死になって本に求めようとします。


その気持ちってとってもわかります。
私も過去にそんな時代があったりして。。。


でも、本はあくまでも書き手の
人生の範疇や周りの方々から得た体験、情報で書かれているので
「生きるヒント」と思いながら読むのがベストだと思います。


私もまだ数冊しか出していない著書ですが、
読み手の悩みの絡んだ糸を少し解きほぐすきっかけになれば。。。
との想いで書いています。


悩む当事者は「徹底的に悩み、心を落ち着かせる」中で、
誰かに向かって言葉にしたり、
自問自答するプロセスで少しずつ答えが出てくるものです。


むろん、選んだ本の1冊の全てからではなく
開けた1ページの中から生み出す答えのヒントの
一文が出てきたりして。。。。


要は、悩む答えを自ら生み出そうとするアクションが重要だと思います。
その手段が、本であったり、人に話したり、書いてみたり。。。
すると、答えがいろんなところから転がって出てくることがあるものです。


探して求めて、中から生み出して。。。。
そんな風にして人って鍛えられ、成長していくものと想ってますよ。


究極の答えは、しっかり自分の中に眠っているんですね。(*^。^*)


あなたのそんな体験があればお聞かせくださいね。


E1335174808103_2.jpg




スポンサーサイト



テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ