年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



ぷりん・プリンセス

先週の土曜日、久しぶりに我が家に訪れたUさん夫妻のお土産

『ぷりん・プリンセス』

を少しご紹介。



たまごの殻をくりぬいたその中には、まろやかなイエロープリンがぎっしり。

添加物なしの上、自然卵で作られたなんともはや、たまごチックなプリンです。

スプーンを入れると、中からキャラメルシロップがじわ~~~り。。。

口にした瞬間、笑顔が満面に

とても感動のいただきものでした。

Uさんご夫妻、どうもありがとうございました。


皆さんへご紹介します。
***************************
フランス菓子 ベル・エキプ
福岡市早良区小田部7-20-9
092-832-5755
***************************

CIMG2991.jpg

CIMG2992.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


ガリヤ7月号発刊について

ガリヤ7月号が発刊されました。


今回の表紙は、今は亡きマイケルの優しげな笑みが印象的です。


なお、今月号掲載のエッセイ『結婚をのぞむあなたへ』は、
5月に出かけたマレーシアで私たち夫婦を歓待してくれたマレーシア人(中国系)
のUさん夫妻からちょっと感じたことを書いてみました。

CIMG2994.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:日記


ピューターとツインタワー、そして仲居くん!【いざ!マレーシアへ】

マレーシア旅行記の最終回です。
まだまだ、数多くの写真がありますが、今回はひとまず終了とします。



過去、いくつかの国を訪れましたが、マレーシアは多民族、多宗教、複数の文化を
あわせ持つ、実に不可思議さを感ずる国でしたね。



その歴史は決して平坦ではなく、外側からは見ることの出来ない複雑さの中でそれぞれの
民族の方々が、必死に生きている姿を垣間見ることができました。



日本人は、いろいろな面で恵まれ過ぎているとよく言われますが、それを肌で実感することの
できた旅でもありました。



あ~,おなごり惜しいマレーの旅日記ですが、以下がその最後の写真です。




ロイヤルセランゴールのビアマグ。
高さ2m、重さ1.6tのギネスにも登録された記念碑。
マレーシアを代表する工芸品のひとつであるスズ工芸。
CIMG2751a.jpg

今日はロイヤルセランゴールの工場見学に来ました。
CIMG2688.jpg

ピューターとは・・・
錫(すず)(sn)を主成分にして、アンチモン(sb)と銅(cu)を加えた合金。
熱伝導率が高く保冷・保温性に優れている。水の浄化作用もあり、水が長持ち、まろやかに。
CIMG2706.jpg

F1トロフィーもこれで造られていた!
CIMG2717.jpg

ショー-ルーム。
ピューターひとつで、いまや世界的な規模になっている。
これも創業した時の『想い』が『形』になった例ですね。
「あきらめなかった結果がここにある」と実感。
CIMG2718.jpg

ペトロナス・ツインタワー
89階建て、高さ452mで世界で三番目の高さ。ツインタワーとしては世界一!
タワー1を日本、タワー2を韓国が建設。
41階の2本のタワーを結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)をフランスが施工。
CIMG2847.jpg

スカイブリッジに入るには当日朝8時に1F受付で整理券をもらう必要があります。
これがかなりの競争率で200名くらい並んでいたかしら・・・
グループ分けされて指定時間にこうやって見学が出来るのです。。。
CIMG2824.jpg

スカイブリッジからの眺め(その1)
高所恐怖症の私としてはあまりいい眺めではありません・・・
CIMG2832.jpg

スカイブリッジからの眺め(その2)
CIMG2836.jpg

こちらは近くのKL(クワラルンプール)タワーからのペトロナス・ツインタワーの眺め
CIMG2877.jpg

夜の風景
手前がツインタワー、奥がKLタワー。
マレーシアの象徴といえる眺めです。
近代文化と古き歴史を残し、インド、中国、マレーの多国文化の融合。
マレーシアはさまざまなことを考えさせる旅でした。
CIMG2594.jpg

おまけ。
SMAPの仲居くん
いえいえ、仲居くんそっくりなホテルボーイがマレーシア最後の日、
私達を見送ってれたのでした。。。
とても楽しい旅行でした。どうもありがとう!
CIMG2779.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


『婚活』中の自分を再点検!

昨年、私のセミナーに参加なさった
『婚活』中の女性R子さんに街なかで、
ばったり出会いました。


30代半ばの彼女は仕事大好きの女性です。
しかし、結婚もしたいらしいのですが
なかなかめぐり合わないとこぼしています。

そういう彼女をよーく見ると、
化粧っけもなくあまり服装にも気を配っていません。
とても貴重な明るさ!は感じるのですが。。。。


男性に振り向いてもらうには、何かが足りない。。。。


「ハート(?)だけはでっかいんですが。アハハ、、、。」と、
くったくなく笑う彼女ですが。。。
最初から、心だけで勝負なんてのは、
ちょっと難しいかもしれません!決して、外側が全てではないけれど、
どうしても、人は外見から入りますからね。

立ち話では、事足りないものがたくさんありすぎましたね。



動いていて、
なかなか男性がこちらを向いてくれない女性は、
今一度自分をよーく見てみる(中身も含めて)必要があると思います。

(言葉遣い、所作、服装、表情etc)

決して年齢だけではなく、
男性が一人も振り向いてくれない、
話そうとしてくれない理由が必ずあるはずです。
親しい友人や、家族にいろいろな角度からアドバイスを受けて見てくださいね。


男性は、自分にないものを相手に求めるものです。
そして、自分が生きる勇気が出そうな女性を求めます
女性だって同じですよね。(^_^)


いろいろな研究も必要ですね。
決してめげないで。
でも、相手欲しさにギラギラもしないで(~o~)
ナチュラルにそして明るく、女性らしく。
1に努力! 2に努力です!


応援してますよ~。







テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


世界遺産・マラッカ(その2)【いざ!マレーシアへ】

本日は、久しぶりにマレーシア旅行の写真の再開です。
マレーシア滞在4日目も、マラッカ市街地を散策。

この日は、前日で廻りきれなかったチャイニーズタウンなどを歩いてみました。


以下、その時の写真です。

少し古いチャイニーズタウンの光景
CIMG2448.jpg

オランウータン・ハウス
アトリエです。壁がアートにデザインされているので目立っていた。
中を見れなくて残念。
CIMG2457.jpg

植民地時代の建築物がまだ現役で立ち並んでいます。
CIMG2469.jpg

私たちが入った、ニョニャ料理の専門店。
探しました~
CIMG2479.jpg

ニョニャ料理を食事中。ペーパーの上に料理を乗せていたのが特徴的。
味は甘めのものが多かった。
それもそのはず、ニョニャスタイルはココナッツミルクを調味料によく使うそうです。
CIMG2488.jpg

バイクのおじさん。なにげに日本風の光景。
CIMG2499.jpg

マラッカの二日間が終わり、帰路へ。
CIMG2502.jpg

Uさんの家の近くのインド料理店。
CIMG2576.jpg

ホワイトコーヒーを混ぜる実践をパチリ
CIMG2581.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


本について

本の読み方は人それぞれです。

①必ず最初から最後まで、完読しなければ納得しない

②目次から読みたい箇所のみピックアップ!
 そこを読み終えたらジ・エンド!

③読んでいる最中 重要文章には黄色マーカーでラインを!

いずれも本人にとって、
その本の中身が、
血肉になるような読み方であればベストですね。

実は①~③は私の本の読み方でもあります。
本のジャンル、中身の濃さによっても異なりますが…。

速読についてもその種のいろんな本を読みましたが、
基本的に私にはその方法はあっていないもよう。
本は、じっくりかみしめて文字を追いたいのです。


これまでの人生、私は隋分本によって励まされ、
知識や知恵をいただくことができました。
現在もそうですがね。

私にとって、
本は本であっても、
というではなく、
人との出会いそのものなんです。

自分の考えに共鳴する内容や新たな気付きを得た本に出会うと、
高揚した気分で書店を後にします。


基本的に本の貸し借りはあまりしたくないタイプかも-。

人から借りるとラインは引けないし、付箋も貼れない。
貸してしまうと『返して!』といえない。

それに、大切な本には必要な時に、
身近で何回も
会いたくなる(笑) からなんです。
自分にヒットする本で、内容が濃く わかりやすく書いてある本ほど、
貴重で幾度もその本に触れたくなるものです。



私もそんな書き手をめざしたいと思っています。!(^^)!





テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


『女性の生き方アドバイザー』

最近、パソコンにうまく写真が入らなくて~。
旅行の写真がどんどん後になりますが、もうしばらくお待ち下さい。


私が結婚に関する本を出してから、
『 婚活アドバイザー 』
のように捉えている方もいらっしゃるようですが、
実際の、私の皆さんに対する立場(気持ち)としては、
結婚して十数年、
お陰で夫婦が無事に、難なく(笑)過ごしている先輩としての
『 女性の生き方アドバイザー 』
として、みていただく方がいいかもしれませんね。


『 結婚 』というのは、確かに大切な人生の大きな節目でもありますが、
『 結婚 』することが女性にとって幸せの全て!と捉えると
また、少し違ってくるかもしれませんよね。



要は、その人が『 どのように生きたいか? 』ということが最も重要であって、
その中の選択の一つに『結婚』があるわけです。
そして、どうせ結婚するのならいい結婚生活を送りたいですよね。
それが、自然な想いだと考えいます。


そんなことを、皆さんと一緒に考えて行きたいと思っているのです。


今、フリーペーパー誌 
『 ガリヤ 』に毎月掲載していますが、
私の本と同時に、それを読んでいただくと、
だいたい私の考える『男と女』の出会いの貴重さも少しずつ、
わかっていただけるかもしれませんね。。。。


博多駅や福岡西鉄駅に、たくさん置いてあるようですよ(*^_^*)


テーマ:つぶやき - ジャンル:日記