年上女房の子だくさん
16歳年下の夫を持つ妻が実の子を持てなかった分、縁ある数多くの後輩たちに送る応援歌

プロフィール

SEIKO blog

Author:SEIKO blog
SEIKO



カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



リンク



最新記事



最新コメント



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



年上女房の子だくさん

QR



聖地 チベット ポタラ宮と天空の至宝

初めて目にするチベット文化!


九州国立博物館で行われている『聖地 チベット展』へでかけました。


日本で開かれるのは、初めてとのこと。


平均標高4,000mを超えるチベットは、
日本人の私たちには、想像を超える『幻の国』でもあります。


写真に見るチベットの空は、どこまでも青く澄み渡り、
まるで、この世の空(?)とは、とうてい言い難い美しさです。


そのチベットの仏教美術は、どれも目をまるくせずに見ることはできません。



柔和な表情の仏像あり、憤怒の形相あり、と
数多く陳列された黄金の仏像は、
さながら、当時の衆生の『守り神』であり、
『お目付け役』といったところでしょうか?



恐い顔をした不動明王も居ましたが、
エッ 日本の不動明王とどんなに違うの?かしら。


この方が、日本でもお目見えする不動明王様?
しかし、この仏像にたずねるわけにはいきません。


総じて、日本の仏教は、
チベット仏教に強い影響を受けていることを感じます。



IMG_2948.jpg


IMG_2959.jpg


中には、ウァ~ッと声を張り上げたくなる仏像も~!


それは、『カーチャクラ父母仏立像』


男女の仏像が抱き合わせに立ったままの姿です。


男性は怒りの表情、女性は優しさ満面の表情。


二体の足もとは、悪行をなした人間を踏みつけた状態のまま。
二体の手は、あわせて何千本(?)だったのか?


誠に言葉でうまく表すことの出来ない男女合一の奇妙(?)な仏像です。


しかし、この仏像は、中でもレベルの高い美術品として評価されているとか…。



それにしても、日本国内では、とうてい味わうことのできない
チベットの美術文化に接することは、感性が研ぎ澄まされる気分にもなるものです。


おかげで今日は、ステキな独特な世界観を満喫できました!



☆下の写真が、男女合一の『カーチャクラ父母仏立像』です。☆
IMG_2952.jpg


IMG_2973.jpg


☆帰りに、太宰府天満宮に寄ると、池の中で一羽の鳩がたたずんでいたので、思わずパチリ☆
IMG_2979.jpg



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記


佐賀・長崎お宝巡り

連休で遊びに来ていた父を、連れて帰る日です。

まっすぐ高速乗って、すぐ帰るのももったいない!ということで、
佐賀あたりを、ぐるりとしながら長崎へ向かうことに。


夫がインターネットで見つけた数箇所へと.車を走らせました。


まずは、どうしても行きたいという 『たまご色のケーキ屋さん』。
一見、 「普通の一軒家」 なのですが、家の前あたりには車が数台、
中へ入ると人が並んでいます。

あれれ、、、中が見えない~。
どうにか前へ進むと、大きな陳列ケースにおいしそうなフンワカのシフォンケーキやら、
シュークリームが、、、、。


両方ともゲットしたのに、カメラにおさめる間もなく、皆のお腹の中へ。
特に何ともいえない卵の味の余韻が残ったのは、シュークリームでしたね。

少し細長く、チョコの乗ったシュークリームをカメラに撮らなかったのは、心残りであります。



ここが、「たまご色のケーキ屋さん」の入り口です

IMG_2909.jpg

IMG_2913.jpg

ここは、唐津市浜玉町の山の中にある、「 うどん・そばの狐狸庵 」
本当に、今にも狸や狐が出てきそうな場所でしたね~

IMG_2915.jpg
  
店内は風情があり、落ち着きを感じましたが、出てきた蕎麦が、
今ひとつ。。。。まあ、山ん中だし仕方ないか。。。。と
しかし、うどんのだしは、なかなかのお味でしたね
IMG_2928.jpg

ねっ、なかなかいい雰囲気でしょ!
IMG_2930.jpg

IMG_2935.jpg

IMG_2939.jpg

食べ終えて、帰ろうかと思ったら・・・
おっ!きれいな猫さま。
よ~く見ると、何やらにらめっこしてます。
IMG_2920.jpg

なんだか、人馴れしてるわね~
IMG_2918.jpg

話しかけても反応なし! しかし、心地よさそです
IMG_2919.jpg

近づいていくと、なんと、ふてぶてしく、カメラの横を通り過ぎて・・・
うどん・そば狐狸庵(猫1)

[広告] VPS

なんとまぁ、堂々とした態度だこと。
まるでこの店の主のような貫禄です。
これだけ堂々とした態度の猫はあまり見かけないですね。。。
うどん・そば狐狸庵(猫2)

[広告] VPS

次に向かったのが、一緒に行った甥っ子のユウ君お勧めの 「佐世保バーガー」、しかし、
佐世保で一番おいしいらしい 「 HIKARI 」 は超満員のお客です
IMG_2942.jpg

それで、やむなく四番目においしいらしき店へ
IMG_2945.jpg

しかし、あまりにお腹が空きすぎて、
またしても写真を撮るまでもなくお腹の中へ・・・
でっかいでっかいバーガーでした。
ちゃんちゃん!(おしまい)


テーマ:日記 - ジャンル:日記


久留米温泉(みのう山荘)巡り

連休の、ある一日
久しぶりに、長崎からやってきた高齢の父を連れて、温泉へ出かけました。


久留米温泉(みのう山荘)、
そこは、野や畑の中を通り、周辺は緑に囲まれた、
清々しい場所にあります。

初めて訪れる温泉です。


そこから眺める景観は、一面、緑と遠くには雄大な連山が連なり、
なんともいえない絶景の広がりです。


う~ん、空気の美味しいこと!


こんなひとときが、次の生活へのヤル気を促してくれるものです。


温泉場の、感性あるたたずまいは、妙に心を落ちつかせます。
その数ヶ所をカメラにおさめました。


温泉の湯は、入るなり ”熱っ”ですが、
年老いた父は、なんなく気分よく入ったようです。
高齢で、高血圧で、ちょっと心配していたけれど・・・・。


露天風呂からの眺めは、まるで一幅の絵を観ているようであります~。


まさか風呂場にまで、カメラを持ち込むわけには行かず、
あの景色を撮れなかったのは、残念~。


日本人は、とても風呂好きな民族ですが、こういう場で、全く知らない人と、
話ができるのも、日本人ならではの光景です。
すばらしいコミュニティ-でもあります。


私も、つい露天風呂の中で、見知らぬご婦人と、温泉の醍醐味について、
おしゃべりすることに・・・・。


それにしても、雨の中での露天風呂って、初体験!
頭は、雨で冷たく、体はお湯でポッカポカ。
まことに妙な気分です。


のんびりと、いいひとときでした。



温泉の玄関です
IMG_2879.jpg

かわいいフクロウの置物が、私たちを迎えてくれました
IMG_2882.jpg

浴場への上り階段
IMG_2883.jpg

風呂上り、休憩場からの眺め
IMG_2885.jpg

温泉受付への通路。右の灯篭がステキです
IMG_2889.jpg

風呂場から降りる階段
IMG_2891.jpg

温泉の一角
IMG_2895.jpg

女湯入り口、タヌキさんが 「いらっしゃい~」 と出迎えてくれましタヌキアライグマ
IMG_2893.jpg

風呂場前の通路
IMG_2898.jpg

男湯入り口
IMG_2902.jpg

脱衣場(撮影はこれが限界~)
IMG_2905.jpg

おっと、これは何だ?妙なカッパの形をした建物
とある人を思い出す・・・・
これは、JRの駅らしい、なんともかわいい駅である
思わず、シャッタ-をきってしまいました
IMG_2908.jpg


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記